Techable

機内での高速インターネット実現「Gogo」が来年から米国で提供

Techable

Webテクノロジーに関する話題を発信するニュースサイト

フォローする:

PC、スマートフォン、タブレットなどとインターネットはもはや多くの人の生活の一部となっている。たとえ飛行機の中でも仕事をしたり、あるいはネットサーフィンや動画閲覧を楽しみたいという旅行客の要望に応えるべく、機内インターネットサービスを導入する航空会社は年々増えてきている。ただ問題は通信速度だ。現在のサービスでは地上のような快適な通信環境とまではいかないのが実情だが、米国で来年から最大60Mbpsの高速インターネットのサービス提供が始まる見込みだ。

2008年から航空機専用のインターネットサービス(有料)を米国で展開しているプロバイダー「Gogo」が発表した。同社によると、新サービスでは下りの通信速度が最大で60Mbpsとなり、同社がサービスを開始した頃の20倍の早さだ。現在、航空会社9社でGogoのサービスが提供されているが、新サービスはまずVirgin America社が導入することが決まっている。

Gogoによると、現在のサービスはATGと呼ばれる通信で、地上のアンテナから機体に電波を送っている。新たに導入されるのはGTOという通信で、衛星を使った通信とATGの技術を合わせたものだ。上りの通信にATGを、下りにGTOを使い、快適な通信環境をユーザーに提供する。

空の上でも快適なネット環境を−。このGogoのサービスは米国内限定だが、機内の高速通信を"標準装備"にしてほしいという需要は日本を含め世界中にあるだろう。

Gogo

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング