Fashion

アンリアレイジ「季節に左右されない服」2014-15年秋冬コレクション発表

ANREALAGE 2014-15年秋冬コレクション
ANREALAGE 2014-15年秋冬コレクション
Image by: Fashionsnap.com
 「ANREALAGE(アンリアレイジ)」が3月28日、2014-15年秋冬コレクションを発表し、約2週間に渡って開催された東京コレクションのラストショーを飾った。服の可能性を追求しているデザイナー森永邦彦は今回、「季節に左右されない服を作れないか」という考えからコレクションを制作したという。
 

 ステージに雪を降らせる演出で幕開けしたショーは、冬から夏に移り変わる季節を描写。目に見えない温度を視覚化するサーモグラフィーから抽出したという服のカラーは寒色から暖色に移り変わるが、一方でスタイリングは薄着から厚着に変化していった。ほぼ全てのウェアに、暑くなると身体から余分な熱を吸収し寒くなると熱を放出するというマイクロカプセルをコーティングした温度調節素材アウトラストを使用。衣服内を常に32度に保つ効果があり、更にラストルックでは温度によって伸縮する形状記憶のワイヤーを取り入れることでメッシュの穴の大きさを変え、温度調整が可能な服を提案した。素材はテクニカルだがデザインについてはニットやデニムなどウェアラブルで、氷と液体をイメージしたスタッズやシューズのパーツなどはマッドスネイルが制作。ファーやメッシュ素材を取り入れたバッグは、吉田カバンの「PORTER(ポーター)」とコラボレーションしている。

 ファッションにおけるシーズンは春夏と秋冬という年2回に分かれているが、森永邦彦は現代の季節に対する意識が曖昧になっていることに着目。温度に支配されていた視覚や感覚を、服によって開放した。

■ANREALAGE 2014-15年秋冬コレクション「SEASON」
 http://www.fashionsnap.com/collection/anrealage/2014-15aw/

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング