Fashion

第6回シブフェス開幕 ハチ公は"カラフルなケープ姿"にドレスアップ

Update:

先着1018名のファッション手当交換は15時時点で終了

ドレスアップした忠犬ハチ公
ドレスアップした忠犬ハチ公
Image by: Fashionsnap.com

 渋谷区全体で開催されるファッションのお祭り「SHIBUYA FASHION FESTIVAL.6(シブフェス.6)」が、10月18日に開幕した。毎回実施される渋谷駅前ハチ公像のドレスアップは今回、300近い応募の中から選ばれたケープ風のデザインに決定。今日限定で秋冬らしい暖かなファッションに身を包む。

 

 大学と短大、専門学校でファッションやデザインを学ぶ学生を対象に事前公募したドレスアップ企画は、文化服装学院・服装科の1年生で台湾から留学している楊恩慈(よう・おんじ)さんが大賞を受賞。フードの白いファーや裾部分のボリュームがポイントで、楊さんは「寒くなってきた風と闘いつつ、周りにいる人間たちがファッションを楽しむ姿を羨ましい目で見ているハチ公が簡単に着用できるケープをデザインしました」といい、ドレスアップしたハチ公を見て「すごく嬉しい。感動しました」と話す。同企画は「シブフェス」の恒例になっており、最近では美術系の学生からの応募や一般の学生からの問い合わせも多くなっているという。

 渋谷区全体で開催されるファッションのお祭り「シブフェス.6」は、メインビジュアルにモデルのemmaが起用され、200以上の参加店舗によるワークショップや1日限定セールなどを実施。各参加店舗の売上が約40%〜70%増になるなど前回大きな反響を呼んだ「ファッション手当」も先着1018人を対象に支給しており、受付会場のある神南エリアには朝から行列ができている。「ファッション手当」は今年9月に札幌と福岡に初上陸し、「利用者からも店舗からも好評だった」(アッシュ・ペー・フランス副本部長 企画プロデューサー岡安一剛氏)という。

■SHIBUYA FASHION FESTIVAL.6
http://www.shibuyafashionfestival.com/

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング