Fashion

グッチがウィル・アイ・アムの「i.am+」と協業 ウェアラブル端末を開発

バーゼルワールド2015にて、 左からグッチ タイムピーシズ & ジュエリー プレジデント & CEOステファン・ランダー、will.i.am、グッチ プレジデント & CEO マルコ・ビッザーリ
Image by: GUCCI

 「グッチ タイムピーシズ(GUCCI timepieces)」がウェアラブルテクノロジーの開発を目的とした「i.am+」とパートナーシップを締結したことを発表した。同社と開発中の新デバイスは本体のみで機能する非連携型のスマートバンドで、価格、発売時期などの詳細は近日発表予定。

— ADの後に記事が続きます —

 「i.am+」はヒップポップグループ、ブラック・アイド・ピーズ(Black Eyed Peas)のメンバーでプロデューサーのウィル・アイ・アム(will.i.am)がポップカルチャーの感覚をベースに新しいテクノロジーの支援、活用を促進する目的で創設。急成長のウェアラブルセグメントでファッションとテクノロジーを融合させた新商品を生み出すことに注力している。

 グッチ タイムピーシズ、プレジデント兼CEOのステファン・ランダーは「このパートナーシップは、包括的な最先端の機能を搭載し、ファッションアイテムとしても通用するウェアラブルデバイスの展開を目的とします」と今回の締結について説明した。

 発売予定のデバイスは、スマートフォンとは連携せずスタンドアローンのスマートフォンとして、音声通話発受信、テキストメッセージ、Eメールの送受信、音楽、地図、カレンダー、フィットネス、音声入力による高度なパーソナルアシスタント機能の搭載などを予定している。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング