Techable

ゴミを捨てると"テトリス"がスタート、ARゴミ箱が登場

Techable

Webテクノロジーに関する話題を発信するニュースサイト

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

1980年代末から1990年代初めにかけ、世界中で大流行した「テトリス」。

「何パターンかある形状のブロックを、うまく組み合わせて消す」という単純なルールに、当時子どもから大人まで夢中になった。

・ARゴミ箱でテトリス!?

このテトリスを"ゴミ捨て"のマナー向上に役立てようという、ユニークな試みがされている。

Design Lab at University of Sydneyの卒業生、Sam Johnson氏とSteven Bai氏らのチームが考案した「TetraBIN」というプロジェクトだ。

TetraBIN2.jpg

これは、街のゴミ箱をゲームにしてしまおうというもので、世界でも類を見ない、"AR(augmented reality)ゴミ箱"なのだ。

・赤外線がゴミを感

ゴミ箱の内部には、3つの赤外線ビームが照射されていて、中にゴミが入れられたかどうかをモニターしている。

誰かがゴミ箱内部にゴミを投げ入れると、赤外線ビームの経路が壊される。これがトリガーとなってセンサーが作動。

TetraBIN3.jpg・外側のディスプレイに指令を送る

TetraBIN3円柱形のゴミ箱は外側部分がスクリーンになっていて、送られてきたコマンドを受け、LEDライトがディスプレイ上に点灯する。

・効果音とともに、ブロックが出現

テトリスのグリッド線、幾何学ブロックが表示され、8ビットの効果音とともに、ブロックが落ちていく。

前の人が"捨てた"ことで出現したブロックと、うまく組み合わせるようにトライしてみるなど、まるでゲームをプレイするような感覚で、"楽しく"ゴミ捨てができる。

・人々の意識啓蒙に寄与

「ゴミはきちんとゴミ箱に捨てよう」。人々のマナーやモラル向上につなげようという、とてもユニークなアイデアである。

TetraBIN

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング