Fashion

青山のクラブ「ル バロン ド パリ」が9年弱の営業を終了

Le Baron de Paris
Le Baron de Paris
Image by: Fashionsnap.com

 南青山のクラブラウンジ「ル バロン ド パリ(Le Baron de Paris)」が、8月31日をもって閉店した。多くのファッション業界人らが集う社交場のひとつだっただけに、突然の閉店を惜しむ声が上がっている。

 「ル バロン ド パリ」は、パリにある本店のコンセプトを受け次ぎ、姉妹店として青山通りの裏路地に2006年12月にオープン。国内外のアーティストをはじめ、ファッションや音楽、アートなどクリエイティブな客層から、ファッションブランドのパーティーといったイベントも数多く開催されてきた。運営はユナイテッドレジャー&ミュージック。8年9ヶ月にわたる営業の最終日には、ゆかりのある関係者らが集ってパーティーが開催された。

 青山エリアでは近年、ファッション性の高いクラブやラウンジが増加しており、一方では2014年12月にVelours(ベロア)、今年3月にSHAG(シャグ)が閉店するなど、ナイトシーンが大きく変化している。

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング