Nagisa Ichikawa

キーヴィジュアルやムービーなど "ランウエイだけではない"広がりに期待

市川渚

ファッション コンサルタント

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

 こんにちは。市川 渚(@nagiko726)と申します。今シーズンも、昨シーズンとその前に引き続き、こちらでオブザーバーレポートを寄稿させていただくことになりました。主観たっぷりでマイペースなレポートとなりますが、どうぞお付き合いいただければ幸いです。

 本日からスタートしたメルセデス・ベンツ・ファッションウィーク東京。コレクションサーキットもニューヨーク、ロンドン、ミラノ、パリと来て、最後に来るのが東京です。日中は別の取材などで、渋谷にいたのですが、渋谷とはいえ、メイン会場であるヒカリエを離れてしまうと、全くファッションウィー クの空気感を感じないのは......相変わらず、ちょっとかなしいところではあります。

 さてさて、まず今シーズンは、スタートする前から一番(!?)気になっていたことがあります。デザイ ンファーム「デルトロ(DELTR)」の坂本さんが手がけた、今シーズンのキーヴィジュアル。 MBFWTのサイトにも詳しく紹介があります(こちら)。

ファッションだけではなく「デザイン」に対する、坂本さんの思考プロセスが表現されたヴィジュアルそのものにも注目ですが、なんといってもこのタイミング(どのタイミングだ)で、坂本さんをアサインされたJFWのセンスに拍手。

シーズンまでは、ファッションヴィジュアルにおいても既にご活躍されている著名なクリエイターの方が手がけていたキーヴィジュアルですが、ここにきてオンスクリーンメディア(ウェブサイトなど) のアートディレクター、デザイナーとして活躍されている坂本さんへ。坂本さんをご存知のない方には、数年前に話題になったIntelのウェブサイト「Museum of Me」や、Hondaのムービーアプリ 「Honda Road Movies」を手がけた方(もちろん、その他にもたくさんお仕事をされています が...!)、というとその凄さがわかりやすくなるかもしれません。

そんな坂本さんが手がけたヴィジュアルは、ファッション業界(それも東京ファッション・ウィークに 興味のある方たちだけ......)を越えて、ウェブ業界やクリエイティブ業界界隈の方の間でも話題になっ ていたことが印象的でした。近しいようで遠いファッションとウェブやデジタルクリエイティブの世界。これを素敵な機会に、相互的な取り組みが増え、面白いモノやコトが生まれてくれることを願います......双方を愛する身としては本当に、楽しみです。

ichikawanagisa-20151013_003.jpg

既にご覧になった方も多いかと思いますが、会場の渋谷ヒカリエ周辺では随所にこのヴィジュアルが展開されています。モデルは日本を代表するトップモデルの松岡モナさん、プロダクションやCGその界隈では非常に有名なWOWさんも関わっていたりと、豪華!で新しい今回のキーヴィジュアル。特別に制作されたムービーも非常にかっこいいので、ぜひチェックを......!

ところで1日目、まず私が最初に拝見したのは「ATSUSHI NAKASHIMA」。スタンリー・キューブリッ クの「2001年宇宙の旅」からインスパイアされた、得意のスポーツテイストが溢れるランウエイ。毎シ ーズン、フューチャリスティックな演出や素材使いが光るブランドですが、今回は全面的にそれをアピ ールしすぎることなく、よりリアルな方向に寄せてきたのかなという印象を受けました。パキッと効い た赤も印象的。

ichikawanagisa-20151012_002.jpgichikawanagisa-20151012_001.jpg

ランウエイだけではない広がりにも新しい可能性を見出せそうな(!?)今シーズンの東コレ。2日目に続き ます。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング