Fashion

大木葉平が手掛けるシュープ×サレン、ミステリアスな男性をイメージしたコラボアイテム発売

 大木葉平とミリアン・サンス(Miriam Sanz)が手掛ける「シュープ(SHOOP)」が、渋谷のセレクトショップ「サレン(Sullen)」とコラボレーションしたカプセルコレクションを発売した。サレンの店舗をはじめ、サレンやシュープの公式オンラインストアなどで取り扱う。

SHOOP×SULLEN Capsule Collection Image by SHOOP
SHOOP×SULLEN Capsule Collection
Image by: SHOOP
— ADの後に記事が続きます —

 「シュープ」は2011年に設立し、マドリードと東京を拠点に活動。ストリートカルチャーや音楽の要素を着想源に、スポーティーでアーバンなアイテムを展開している。

 カプセルコレクションでは「Adulte Player」をコンセプトに掲げ、デカダンスで怪しげな男性像をイメージしたアイテムを制作。キャップ(1万2,960円)やナイロンベスト(3万7,800円)、Tシャツ(1万3,500円〜1万5,120円)、ウエストバッグ(2万1,060円)、ネクタイ(1万2,960円)などをラインナップする。ルックブックでは、写真家のノエル・クインテラ(Noel Quintela)が撮影を担当し、ミステリアスでセクシーな世界観を表現している。

■シュープ:公式サイト

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング