小松菜奈
小松菜奈
Image by: FASHIONSNAP.COM

Fashion

「シュープ」東京初のショーでパンデミック後のディストピアを表現、東コレフィジカルショーのトリ飾る

小松菜奈 Image by FASHIONSNAP.COM
小松菜奈
Image by: FASHIONSNAP.COM

 デザイナー大木葉平が手掛ける「シュープ(SHOOP)」が10月17日、2021年春夏コレクションをランウェイ形式で発表した。10月12日からスタートした「Rakuten Fashion Week TOKYO 2021 S/S」のフィジカルショーのトリを飾った。

 シュープは東京とマドリードを拠点にミリアン・サンス(Miriam Sanz)と大木葉平によって2015年春夏シーズンに立ち上げられたユニセックスブランド。デザイナーの身近にあるカルチャーや音楽をインスピレーション源にコレクションを展開している。2018年秋冬シーズンから「ナイキ(NIKE)」のサポートを受け、メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク マドリード(Mercedes Benz Fashion Week Madrid)でコレクションを発表。2020年に「TOKYO FASHION AWARD」を受賞し、2021年春夏シーズンはデジタルプラットフォームで開催されたロンドンファッションウィークに参加した。

 今シーズンは、パンデミックによって文明が滅びたディストピアからインスプレーションを得てコレクションを構成。ショーではDJのSeiho(セイホー)とパーカッション奏者の角銅真実によるスペシャルユニットがディストピアをイメージした音楽をライブ形式で披露し、避難していた人達がパンデミック後に初めて世界を見るという設定でモデルたちはランウェイを歩いた。

 コレクションでは、機能的で耐久性のある服と、トリコットなどの肌が露出したアイテムを中心に、サステナブルの観点からブランドでストックしていた生地をパッチワークで再利用したアイテムなどを展開。一部のアイテムには人と人の繋がりを表現した手形や、「Faith,Hope,Love」などのメッセージ、ジャズミュージシャン ルイ・アームストロングの「What A Wonderful World」の歌詞を引用したグラフィックを施した。シューズでは「アシックス(ASICS)」とのコラボレーションによる「ゲルニンバス 22(GEL-NIMBUS 22)」をフィジカルショーで初披露。また、「ファイナルホーム(FINAL HOME)」の元デザイナーでSDADIO名義で活動する須田伸一とのコラボアイテムも発表。オーガンジーの裏地が顔のプロテクターにもなるモッズコートや、胸に安全ピンをあしらい、取り外し可能なマスクが付属するシャツ、防災頭巾から着想して頭に被るとマスクになるトートバッグなど「美しくサバイブする」をコンセプトに掲げたアイテムを披露した。

 大木は、先シーズンのロンドンのデジタルファッションウィークを「ブランドのファンには伝えられたが、広がりを感じにくかった」と振り返り、東京での初のショーについて「海外よりスムーズに進められた。やっと発表できて嬉しい」と安堵の表情を浮かべた。

>>ファッションウィーク特設ページはこちら

溺れるナイフ
出演: 小松菜奈、菅田将暉、重岡大毅、上白石萌音、志磨遼平、斉藤陽一郎、市川実和子、嶺豪一、堀内正美、ミッキー・カーチス
監督: 山戸結希
Writer: 山戸結希、井土紀州
発売日: 2017/04/21
価格: ¥204(2020/10/17現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング