Fashion スタイル・トレンド

2017年売れたブランド、2018年売れるブランドは?3つの高感度ショップを調査

 セレクトショップ、百貨店、EC、それぞれの業態の高感度ショップから「2017年最も売れたブランド」と「2018年の注目ブランド」を調査。トレンドに敏感な男女に支持されているブランド、そしてバイヤーが太鼓判を押す2018年の注目ブランドは?

 

【H BEAUTY & YOUTH】

 ユナイテッドアローズが展開する、東京・南青山の「エイチ ビューティ&ユース(H BEAUTY&YOUTH)」。国内外の旬のブランドから古着まで、"本当に良いもの"をミックスさせたハイエンド・カジュアルを提案しています。

<メンズ編:2017年売れたブランド>

◆オーラリー(AURALEE)

ブランドデータ:デザイナー岩井良太が2015年春夏シーズンに立ち上げたブランド。デビューから3年目の2017年に初の直営店を南青山6丁目に出店し、H BEAUTY & YOUTHとの回遊もあり盛り上がりがさらに加速している。

auralee_20171226_000.jpg

バイヤーコメント:上質な生地から着るだけで今の気分になれる信頼のブランド。トレンドと品の良さを兼ね備え、年々ファンが増えています。

◆シーイー(C.E)

ブランドデータ:グラフィックデザイナーのスケートシング(Sk8ightTing)が、トビー・フェルトウェル(Toby Feltwell)と菱山豊と共に2011年にスタートしたメンズウエアブランド。2015年にはユナイテッドアローズ原宿本店で長期にわたる限定店をオープンし、店内に何もないように見える特異な空間を演出して話題に。2016年には南青山に初のショップをオープンした。

ce_20171227_000.jpg

バイヤーコメント:説明不要の看板ブランドの一つ。国内外問わず、男女問わず、圧倒的な支持があります。

◆ポップトレーディングカンパニー(POP TRADING COMPANY)

ブランドデータ:アムステルダムを拠点とするスケーターによるクリエーティブチームが2013年に設立し、2016年秋冬から本格的にスタート。さまざまなブランドやアーティストとのコラボレーションを手掛け、日本には2017年秋冬シーズンに本格上陸したばかりの新顔ブランド。

pop_20171226_000.jpg

バイヤーコメント:業界人を中心に注目が集まり、入荷から早々に完売アイテムが目立つ熱狂ぶりでした。

<ウィメンズ編:2017年売れたブランド>

◆サヤカ デイヴィス(SAYAKADAVIS)

ブランドデータ:デザイナー時本紗弥加が2012年に立ち上げたブランドで、拠点はニューヨーク。日本の美学をクリエーションに取り入れ、ミニマルなデザインの中に非日常性や対比する要素をウエアとジュエリーで表現しています。2017年春夏シーズンから日本での展開を本格スタートし、セレクトショップを中心に展開を拡大中。
>>【インタビュー】異国の地NYで立ち上げから5年「サヤカ デイヴィス」の歩みと挑戦

sayakadavis_20171219_000.jpg

バイヤーコメント:ニットを中心としたラインナップが人気。シンプルな中に着方を遊べるアイテムはスタイリングの想像力が掻き立てられ、購入に繋がりました。

◆アンスクリア(INSCRIRE)

ブランドデータ:アンスクリア」は、「ネペンテス(NEPENTHES)」や「ドゥーズィエム クラス(DEUXIEME CLASSE)」「ドゥロワー(DRAWER)」で経験を積んだデザイナー 岡ゆみかが2017年秋冬シーズンに立ち上げたばかりの新進ウィメンズブランド。デビューコレクションからH BEAUTY & YOUTHで取り扱いを開始。

inscrire_20171226_000.jpg

バイヤーコメント:デビューコレクションから仕入れています。上質で長く愛せるアイテムが多いなか、きちんと今年っぽさが入っているところが支持されたようです。

◆フィーニー(PHEENY)

ブランドデータ:「フィーニー」は、文化服装学院卒業後「エヌハリウッド(N.HOOLYWOOD)」でパタンナーとして経験を積んだ秋元舞子が手掛けるブランドで、2012春夏シーズンからスタート。

pheeny_20171226_000.jpg

バイヤーコメント:これまでもお取り引きがありましたが、初めてポップアップをやらせて頂きました。カジュアルな中に女性っぽさがあるアイテムが人気です。

 

<2018年の注目ブランド>

◆メンズ:マリア ブラック(MARIA BLACK)

ブランドデータ:マリアブラックは、デンマーク発のコンテンポラリーファッションジュエリーブランド。2017年春夏シーズンから日本展開を本格始動した。重ね付けしているように見えるマルチピアスや、ピアスホールがなくても着用できるイヤーカフなどを展開している。

mb_20171219-001.jpg

バイヤーコメント:ウィメンズで人気のアクセサリーブランドですが、2018春夏シーズンからメンズラインを初めて展開するため注目です。

◆ウィメンズ:エディションズ エムアール(Editions M.R)

ブランドデータ:パリのメンズブランド「エディションズ エムアール」初のウィメンズコレクション。上品なシャツアイテムを中心に展開している。

editionsmr_20171227_000.jpg

バイヤーコメント:メンズブランド発信のウィメンズブランドは増えていますが、"どカジュアル"じゃない雰囲気が魅力です。 

次のページは>>「ファッションの伊勢丹」伊勢丹新宿店のリ・スタイルとインターナショナルクリエーターズで売れたブランドは?

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング