Webテクノロジーに関する話題を発信するニュースサイト

ウィンタースポーツには欠かせない?ヒーター付きグローブ「Ravean」登場

ウィンタースポーツには欠かせない?ヒーター付きグローブ「Ravean」登場の画像

スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツに寒さは付きもの。しかし、寒さで手がかじかんでくると、楽しむどころではなくなってしまう。

ならば、手袋にヒーターを付けて暖かさをキープすればいい。そんな発想で開発されたグローブが「Ravean」だ。

・最長6時間半持続

Ravean-20180212_002.jpg

「Ravean」は搭載する充電式バッテリーで温度を高温・中温・低音の3段階調整できる。高温の場合、暖かさは2.5時間、中温だと3.5時間、そして低音にすると6時間半持続する。

バッテリーは厚さ1センチほどの板状で、グローブ手首の外側に装着する。その上についているボタンを押してオンオフや温度をコントロールする仕組みだ。

・もちろん防水仕様

Ravean-20180212_003.jpg

Raveanはウィンタースポーツ時の使用を想定しているので、もちろんウォータープルーフ。手のひら部分はヤギの皮を使用している。

また、グローブの入り口から風が入りこまないよう、バンドでぎゅっとしめられるようになっているほか、紛失予防用のゴムも付いている。

Raveanは現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達中。すでに目標額は達成し、商品化はほぼ確実な情勢だ。

出資額は169ドル(約1万8000円)〜となっていて、5本指のグローブタイプか、ミトンタイプかを選べる。今年12月にも発送が始まるので、来シーズンから活用できそうだ。出資期限は3月22日。

Ravean/Kickstarter