senken plus

オタクラウド、裏地にイラストをプリントするジャケットを開発

繊研plus

ファッションビジネス専門紙「繊研新聞」公式サイト

フォローする:

 

アニメやゲームなどオタク文化の発信やイベント企画を手掛けるオタクラウド(大阪市、茶木盛暢代表、http://otacrowd.co.jp/)は、イラスト作家の活動機会創出を目的に、裏地にイラストをプリントするジャケットを開発する。2月1日~4月1日までクラウドファンディング(CF)を通じて100万円の資金を調達し、事業化を目指す。

(古川富雄)

同社はオタク的コンテンツが好きなメンバーが集まった会社。オタク文化に興味を持つ人を増やし、クリエイターが活躍できる場を増やす事業を続けている。その中で紳士服生産販売のNFL(大阪市)、イラストレーターが集まる「創作空間カフェアトリエ」(同)との出合いがあり、「オリジナルイラスト×ジャケット」という発想に至った。「イラスト作家は職にして活動できる環境や機会が少なく、本業にしたくてもできない人が多い」と茶木代表は感じていた。

プロジェクトの名称は、「裏地に和のイラスト!15名のクリエイターと世界に向けたジャケット開発!」。地域盛り上げに特化したCFサイト「FAAVO」を通じて資金を集める。資金はジャケット製作費とイラスト作家への配当に充てる。参加するイラスト作家は合坂祭さん、Akaike&木綿さん、あやにゃんさん、一束さんら15人。

ジャケットは、裏地に大胆なイラストをプリントするテーラード。いずれも今回のために描きおろした作品だ。「見て楽しむ」「飾って楽しむ」という着用以外の価値を加える。ビジネスシーンだけでなく、カジュアルにも着こなせるよう、表地は伸縮性が高いニット材とする。縫製は大阪市内に工場を持つNFLに依頼し、100%大阪メイドとして打ち出す。

otacrowd-20090101_001.jpg

裏地に大胆なイラストをプリントする

otacrowd-20180221_002.jpg

「よさこい踊り」をテーマとする合坂祭さんのイラスト


資金が集まれば、4月中に複製画の印刷、ジャケットの縫製を始め、5月上旬から出資額に応じたリターンを配送する。今後、CFで人気を集めたイラスト作家と協業し、一般への販売も展望している。販売はNFLの直営店、ECなどを検討している。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング