Image by: ルミネ

Food

新宿駅で野菜販売、ルミネが食のライフバリューを提案する新プロジェクト始動

Image by: ルミネ

 ルミネが、食のライフバリューを提案する新プロジェクト「ルミネアグリプロジェクト」を始動する。文学やアート作品だけでなく生活をより豊かにするすべてを"カルチャー"として捉え、農業に関する様々な取り組みを行っていく。

 

 ルミネアグリプロジェクトでは、ルミネならではの視点で生産者と顧客を繋ぐプラットフォームを作り、双方のライフバリューの向上を目指すという。具体的な施策として、新宿駅新南改札外で野菜や果物を中心とする本格マルシェ「ルミネアグリマルシェ」を実施。4月6日から5月6日までの期間行われる第1弾では、山形県の元⻘果や栃木県のアロハファームなどが参加し、生産者と顧客のコミュニケーションが生まれるインタラクティブな場を創出するという。

 また、農業について考えるイベントも用意。山梨県の若手果樹生産者グループ「Short Legs」による食育プログラムやアーティストのMarie Ikuraによる野菜や果物をテーマにした参加型ライブペインティングなどを実施する。

■ルミネアグリマルシェ:URL

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング