Techable

コーディングが学べる"魔法の杖"がKanoから登場

Techable

Webテクノロジーに関する話題を発信するニュースサイト

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

ハリーポッターのファンはもちろんのこと、そうでなくても楽しめそうなコーディング学習キットが間もなくKanoから発売される。

杖とコンピューターを連携させて、専用アプリでコーディングをしながら70以上の"マジック"を体験できるというものだ。

・杖の動きが画面に

この杖は磁力計、加速度計、そしてジャイロスコープを内蔵し、BluetoothでMac、Windows PC、iPad、Androidタブレットと連携する。つまり、杖を動かすとその動きがアプリに反映されるようになっている。

その連携を利用して、コーディングを学ぶ。例えば、杖の動きに合わせて羽を思いのままにヒラヒラ動かせるようにするコーディングを自分で組み立てたり、フクロウの色を変えたり、といった具合だ。

コーディングがうまくいくと、杖を振ってコンピューターの中のものを消したり登場させたり、形を変えたりと自在に操ることができ、まさにマジックを体験できる。

・まずは英国など5カ国で

開発元のKanoはロンドン拠点のスタートアップで、これまでもプログラミングのキットを展開してきた。Kickstarterで1億円以上の資金を集めたこともあるなど、まだ若いスタートアップながら着実に成長している注目の企業だ。今回のハリーポッターのコーディングキットも同社の名をさらに広めるのに貢献すること間違いなさそう。

ハリーポッターキットはまずは英国、米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドで10月1日に発売されるが、世界中の子供たちから自国での展開を要望する声が聞こえてきそうだ。価格は99.99ドル(約1万1000円)。

Kano

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング