Techable

LINE、電子チケットサービス「LINEチケット」をリリース

Techable

Webテクノロジーに関する話題を発信するニュースサイト

フォローする:

コミュニケーションツールとしてすっかりお馴染の存在となった「LINE」。トーク関連以外にも「LINE Pay」のようなサービスを展開中で、今度は新たに電子チケットサービス「LINEチケット」をリリースした。

・「LINEチケット」、トークで電子チケットを友だちとシェア

2017年9月1日に設立された「LINEチケット」は、音楽ライブやコンサート、スポーツなど様々なジャンルのチケットを、LINEから手軽に検索・購入・発券できる電子チケットサービスで、入場までをすべてLINE上で完結できるのが魅力。

購入したチケットは「LINE」で送られてくるため、コンビニエンスストアなど店舗での購入・発券手続きは不要だ。購入したチケットは、普段トークをするのと同じように友だちとシェアすることもでき、当日はスマートフォンに送られた電子チケットを見せるだけで入場が可能。

従来のチケット販売サイトとは異なり、「イベント前」「イベント当日」「イベント後」といったそれぞれのタッチポイントをLINEプラットフォームを活用することで統合。LINE公式アカウントや「LINE MUSIC」「LINE LIVE」といった各サービスと連携することで、ユーザー自らが探しにいかなくとも、ユーザー属性や興味関心データなどに基づいて、"当日券があるオススメの公演"情報を配信するなど、パーソナライズされた情報をオススメできるようになる。

・行けなくなったイベントチケットを"二次販売"する機能も

ユニークなのが、"電子チケット"という強みを生かし、急用が入ったり、体調不良などの理由で行けなくなってしまったライブやイベントのチケットを、安全に販売・購入できる「公式リセール機能(二次販売)」。リセールの可否、リセール設定価格は興行主側がチケットごとに事前に決められ、悪質な高額チケットの販売や大量購入を防止。イベントに行けなくなってしまったユーザーと興行主の両者にメリットがありそうだ。

2018年内は、 [ALEXANDROS](2019年アリーナツアー)などの音楽公演やブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」等の演劇・ミュージカルなど約300公演のチケットを取り揃え、「LINEチケット」でしか購入できない限定チケットや先行チケットも販売するという。

2019年からは、プロ野球「北海道日本ハムファイターズ」やJリーグ「FC東京」などのスポーツチケットも順次販売し、取り扱いチケットを拡充していく予定だ。

■今後、追加されていく機能(予定)
・LINE MUSICとの連携(2018年11月末~)
・スポーツチケットの取り扱いに伴う機能拡充(2019年2月~)
・LINE公式アカウントとの連携と来場者セグメントによるメッセージ配信(2019年3月)
・サイトの英語対応およびインバウンド購入の対応(2019年内予定)
・座席指定購入(2019年内予定)

LINEチケット
LINE株式会社
PR TIMESリリース

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング