Techable

無印良品デザインの自動運転バスがフィンランドに登場

Techable

Webテクノロジーに関する話題を発信するニュースサイト

フォローする:

 

海外でもMUJIとして認知度が上昇している無印良品のデザインが、フィンランドの街や風景にすっと溶け込むようなプロジェクトが進行している。

無印良品を展開する良品計画は、フィンランド企業が開発中の電気自動運転バス「Gachaシャトルバス(仮称)」に車体デザインを提供したことを発表した。このバスはフィンランドの街を2020年から走るようになる見込みだ。

・全天候型

Gachaは自動運転技術を開発するSensible 4が手がけているドライバーレスのバス。あらゆる気象条件下で無人そして自動で客を乗せて走る四輪駆動バスだ。

最大16人乗りで最高スピードは時速40キロ。航続距離は100キロとなっている。

・地域の足として

16人乗りであることから想像つくかと思うが、バスといってもコンパクトで、地域で共有するコミュニティバンのような使い方を想定しているとのこと。

つまり老若男女が乗ることになり、そこに無印良品のユニバーサルでシンプルなデザイン哲学が生きている。バスは前後のないミニマルな外観で、車内のラウンド型ベンチシートなどは使いやすさはもちろん、乗り合わせた人同士が自然と会話をかわしたくなりそうだ。

先端技術を生かしながら社会が抱える課題を解決するという点で、バスを地域で共有するこのプロジェクトは無印良品の考え方と合致し、今回のコラボとなった。

この"MUJIバス"は来年3月にも実働車両のプロトタイプを公開し、2019年前半にフィンランドの3都市(エスポー、ヴァンター、ハメーンリンナ)で試験運行が始まる予定となっている。

良品計画

最新の関連記事

おすすめ記事

見逃し記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング