Techable

机の上が充電器に、天板裏にとりつけるワイヤレスチャージャー「ENERQi」登場

Techable

Webテクノロジーに関する話題を発信するニュースサイト

フォローする:

ワイヤレスで充電できるスマホが増えて、それに伴いワイヤレスチャージャーも数多く商品化されている。マットタイプ、スタンドタイプなどデザインはさまざまで、そこに置くだけでスマホを充電できる。

しかしいずれもチャージャーからケーブルが伸びている。そうではなく、机の表面を完全にワイヤレスチャージャー化できる「ENERQi」が登場した。

・マジックのよう

ENERQiは机の天板裏に取り付けるタイプ。天板の厚さ4センチまでならオフィスのデスク、コーヒーテーブル、チェストなど、あらゆる表面をワイヤレスチャージャー化する。

仕組みはいたってシンプルで、ENERQiを天板裏にくっつけてケーブルをコンセントにつなぐだけ。ENERQiをくっつけた部分の表面がそれだけでチャージャーになる。そしてそこにスマホを置くと充電できる。

何もないところにスマホを置くだけで充電できるなんて! と仕組みを知らない人には、まるでマジックのように思えるはずだ。

・ミニタイプも

ENERQiのメリットは当然、机の表面をすっきりとさせられること。天板裏につけるのでENERQiの存在もケーブルも目にすることはない。加えて、ENERQiでは10Wでの急速充電にも対応する。

ENERQiは直径15.85センチ、厚さ2.2センチの円盤デザイン。また直径10.2センチ、厚さ1.4センチの小さなバージョン「nano」も用意されている。ただしnanoは天板の厚さ1.5センチまでの対応となる。

ENERQiは現在クラウドファンディングサイトIndiegogoで資金調達中だが目標額を大きく上回る人気ぶりだ。出資額はENERQi通常サイズが69ドル(約7700円)〜、nanoが49ドル(約5500円)〜。4月18日まで受け付け、締め切り後すぐに発送が始まる見込みだ。

ENERQi/Indiegogo

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング