Techable

水深100mを撮影できる水中ドローン「POSEIDON-Ⅰ」登場

Techable

Webテクノロジーに関する話題を発信するニュースサイト

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

空中ドローンの普及が進む中、「水中ドローン」というのはまだあまり聞かない。ただ、個人的には「今後水中ドローンも少しずつ普及していくのでは?」と踏んでいる。

やはり、普段見ることができない世界へのロマンを抱く人は多いはずだ。そんな人には今回紹介する「POSEIDON-Ⅰ」がささるかもしれない。

・最大深度100m超え?

POSEIDON-Ⅰは送信機と有線で繋がった水中ドローン。有線と聞くと、操作性の自由度が下がる印象をもつかもしれないが、その分なんと最大深度100m(100mコードを選択する必要あり)まで潜ることができるとのこと。

操縦はスマホやタブレット上の専用アプリを用い、送信機から送られてくるリアルタイムの映像を手元で確認しながら操縦することが可能だ。深度100mというとかなり珍しい映像が撮れるはずだ。

・1080FHD撮影に対応

本体は32GBのストレージ(SDカードではなく内蔵型)を搭載し、カメラは1080FHDの撮影が可能だ。120度の広角レンズなので、迫力のある映像を撮影することができるのではないだろうか。

内蔵バッテリーは9000mAhで、約2時間の連続撮影が可能とのこと。アプリ上での操作感や使い勝手が気になるところだが、これなら釣りをする人にもおすすめできそうだ。

POSEIDON-Ⅰは現在Makuakeにてキャンペーンを実施しており、1台6万9860円(税込)から出資注文が可能だ。2019年7月頃の発送を予定している。

執筆:Doga

POSEIDON-Ⅰ/Makuake

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング