大会スタッフおよび都市ボランティアが着用するユニフォーム
Image by: FASHIONSNAP.COM

Fashion

東京五輪スタッフとボランティアのユニフォーム公開、アシックスがシューズなど計8点を製作

Update:

【2019年7月19日14時50分続報】同日に発表会が開催され、登壇者の香取慎吾のコメントを加筆しました。

大会スタッフおよび都市ボランティアが着用するユニフォーム
Image by: FASHIONSNAP.COM

 東京2020組織委員会は7月19日、大会スタッフおよび都市ボランティアが着用するユニフォームを公開した。メディア関係者向けの発表会には、ファッションジャーナリストの生駒芳子やパラリンピックのスペシャルサポーターを務める香取慎吾ら東京五輪のユニフォームに関する選考委員会「大会スタッフ・都市ボランティアのユニフォームデザイン選考委員会」(以下、ユニフォームデザイン選考委員会)の委員をはじめ、東京2020組織委員会の佐藤広副事務総長、多羅尾光睦東京都副知事が出席した。

 ユニフォームは「暑さ対策」「多様性」「持続可能性」をコンセプトに、アシックスと組織委員会のデザインチームがデザインを担当。昨年8月に発表されたコアグラフィックスをベースに、ポロシャツやパンツ、シューズ「ゲルブリーズ(GEL-BREEZE)」、ハット、ジャケット、ソックスなど計8点を製作した。

 ウェアは可動性を高めたパターン設計や通気性を考慮したシルエットを採用することで、動きやすさや着心地の良さを追求。素材には再生ポリエステル材や植物由来材を多く取り入れた。都市ボランティアのユニフォームは大会エンブレムの市松模様を配したデザインが特徴。濃紺と白のコントラストにより都市の中での識別性を高めたという。大会スタッフのユニフォームには、コアグラフィックスである「かさねの色味」をモチーフにしたグラデーションを清涼感のある藍色で表現した。シューズは今回のために新たに開発したもので、中敷と靴底には次世代高機能素材「セルロースナノファイバー」を使用した自社開発のフォーム材を採用。また、中敷と靴底に通気口を設けることで新鮮な空気を靴内に効率よく取り込み、快適な状態を保つことができる構造に仕上げたという。

 ユニフォームを着用して発表会に登壇した香取は「見え方だけではなく、着た時の着心地など色々なことをみなさんと意見を出し合いました。決まりかけた意見が一人の意見で覆り、一からやり直したりと議論が難航することもありましたが、すごく良い選考会だったと思います。オリンピックの開催が近づき今からワクワクしています。新しい日本、新しい東京が始まる2020年になったら嬉しく思います」とコメントした。

■大会スタッフ・都市ボランティアのユニフォームデザイン選考委員会 委員
座長 生駒芳子/香取慎吾/コシノヒロコ/杉山愛/土田和歌子/永井一史/長崎巌/中西教夫/夏野剛/林いづみ/原由美子/矢ヶ崎紀子/山田敦郎/山本悦子(50音順)ほかスポーツボランティア・観光ボランティア経験者等 11人

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング