Techable

手を離すと自動ストップする世界初の電動スーツケース「MySuperCase」登場

Techable

Webテクノロジーに関する話題を発信するニュースサイト

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

小型のキャリーケースならともかく、フルサイズのスーツケースに荷物をつめるとなかなかの重さになる。航空会社に預けるまで、あるいは受け取った後に苦労して運んだ経験を持つ人は少なくないだろう。

そこでニューヨークのスタートアップが開発したのが、バッテリーを内蔵し、搭載するモーターで労力なく運べる「MySuperCase」。持ち運ぶ人の歩くペースにシンクして動く賢さも併せ持つ。

・特許取得済みの無重力システム

MySuperCaseの形状はかなりユニークだ。中央部分にタイヤが2輪並行についていて、横から見るとスーツケース全体の形はUの字型となっている。

つまり、底部分がフラットではなく。通常のスーツケースは4輪で手を離してもそのまま直立しているが、MySuperCaseは傾斜した状態で安定する。

これだけだと奇妙だろうが、パワーをオンにするとモーターが起動され、スーツケースの重力がほぼゼロになるように設計されている。"電動無重力システム"と命名されたこの技術は特許を取得済みという。

・手を離すと自動ストップ

実際使うときには、ユーザーはこのスーツケースを押したり引いたりしなくても手を添えるだけで持ち運ぶことができ、手を離すとスーツケースは自動で止まるようになっている。

また、スーツケースにはセンサーが内蔵され、ユーザーの歩くスピードに合わせて動くとのこと。どんな道にも対応できるようタイヤはタフなタイプで、傾斜30度までのぼれる。

・デジタルスケール機能も

加えて、このスーツケースにはUSB充電ポートもあり、ここにケーブルをさしてスマホなどを充電できるので旅の心強いお供になりそうだ。デジタルスケール機能も航空機に乗る前には便利だろう。

MySuperCaseは現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで資金調達を展開している。今ならキャリーケースタイプが439ドル(約4万7000円)、26インチタイプが639ドル(約6万8000円)の出資で入手できる。出資はあと1カ月ほど受け付け、来年3月の発送が予定されている。

MySuperCase/Indiegogo

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング