「チノ」2020年春夏コレクションのランウェイショーより
Image by: FASHIONSNAP.COM

Fashion

「チノ」20年春夏はココ・シャネルのエッセンスをコンテンポラリーに、ビジネス拡大で初の直営店出店へ

「チノ」2020年春夏コレクションのランウェイショーより
Image by: FASHIONSNAP.COM

 茅野誉之が手掛ける「チノ(CINOH)」が、メンズ、ウィメンズの合同ショーを「Rakuten Fashion Week TOKYO 2020 S/S」期間中に開催した。2度目となるショー開催の理由について茅野は「"チノのショーがどういうものなのか"を発信する為には継続が必要だと考えた」と説明。11月22日には「渋谷パルコ(PARCO)」にブランド初の直営店をオープンするなど、順調にビジネス拡大を進めている。

— ADの後に記事が続きます —

 今シーズンの着想源は、セーラーやバスクシャツといったマリンアイテムと、茅野がフレンチシックの王道と捉えるココ・シャネル(Coco Chanel)。ホワイト、ブルー、レッドのトリコロールカラーをキーカラーとし、ハンドプリントを施したスカーフや、ポンチョ、ブルゾンといったアイテムがコーディネートに組み込まれた。

 ホワイトやネイビー、ペールグレーのワントーンで統一されたクリーンなルックでは、リネンや透け感があるキュプラシャンブレー、光沢感を備えたツイルなど、テクスチャーでコントラストを表現。また、メンズライクでシックなジャケットやベスト、シャツに大粒のパールのパーツを施すことで、チノらしいコンテンポラリーなスタイルにアクセントを加えた。このほか、マドラスチェックやグレンチェック、水彩画のようなタッチの赤と青の後染めがコレクションを彩った。

■CINOH:2020年春夏コレクション全ルック
■ファッションウィークの最新情報:特設サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング