Techable

バッグの中で絡まらない、形状維持できるケーブル「BondCable」

Techable

Webテクノロジーに関する話題を発信するニュースサイト

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

スマホやワイヤレスイヤホンなどのデバイスを充電したりデータを送信したりするのに必要なケーブルを常に携帯する人は多いだろう。デバイス類を活用するために欠かせないものだが、その持ち運びや収納が格段に簡単になるタイプをシンガポールのスタートアップが開発した。

使用しないときに、ケーブルの端から巻いていくと、その形状を記憶する「BondCable」だ。バッグの中で絡まったり、引き出しやデスク上でカオスになったりしがちなケーブルを常に整頓した状態に保てる。

巻尺状態に

ボンドのように伸び縮みはしないが、全長1.25メートルのBondCableはコイルの形状を保てるというもの。

片端のコネクターからきっちりと巻きつけていくと、巻き終わった後はばらけることなくその形状が維持される。なので、塊状態でバッグや棚に収納できる。

PCやその他家電のケーブルでは、マジックテープで束ねられるようになっているものもあるが、BondCableはテープを外す手間が不要なぶん、使用するときに塊状態からすぐにのばすことができる。

使う分だけ伸ばすことも

しかもBondCableは巻きつけた状態から使う分だけを伸ばすことができる。たとえばデスク上のPCからスマホを充電するとき、不要な部分はたたんでおくことでPC周りをすっきりとさせられる。

ケーブルはコネクタ近くが損傷しやすいが、開発元によるとBondCableはかなり丈夫にできていて、捻ったり曲げたりという動きに耐性があるとのこと。

充電だけでなくデータ移送にも対応するBondCableは、USB-C、USB-A、マイクロUSB、ライトニングを搭載する全5種が用意されていて、現在クラウドファンディングサイトKickstarterで14シンガポールドル(約1100円)〜となっている。

すでに目標額は達成し、7月16日まで出資を受け付けたのち、10月にも発送が始まる予定だ。

BondCable/Kickstarter

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング