Fashion

「バーバリー」リアルとSNSを融合した"ソーシャルリテールストア"を中国・深圳市にオープン

新店舗外観イメージ
新店舗外観イメージ
Image by: © Courtesy of Burberry

 「バーバリー(BURBERRY)」が7月31日の今日、ブランド初となるリアルとSNSを融合したソーシャルリテールストアを、中国・深圳市のショッピングモール「深セン湾MIXC」にオープンした。

— ADの後に記事が続きます —

 新店舗のコンセプトはウィーチャット(WeChat)を運営するテンセント社と共同で考案し、ウィーチャットのミニプログラムを通して限定のコンテンツやパーソナライズされた購買体験を提供する。ミニプログラムでは、店舗や併設しているカフェ兼コミュニティスペース「トーマス・カフェ」の予約、イベントやストアツアーの参加などのサービスを用意。顧客はバーバリーとのエンゲージメントを深めていくと「バーバリーソーシャル通貨」が与えられ、通貨が貯まるとエクスクルーシブな画像やムービーを受け取れるほか、カフェで特別メニューの注文ができるようになる。

 店舗面積は539平方メートルで、チーフクリエイティブオフィサー リカルド・ティッシ(Riccardo Tisci)によるブランドシンボルをテーマにしたコンセプトが異なる10の部屋で構成。2020年秋冬コレクションのランウェイにインスパイアされた鏡張りの部屋では、創業者トーマス・バーバリー(Thomas Burberry)のイニシャルをモチーフにしたモノグラムが来店客の身体の動きにあわせて形を変える仕掛けを用意した。店内には3つのフィッティングルームを設置し、プレイリストから好みの曲を再生しながら試着を楽しむこともできる。

 トーマス・カフェでは、英国と中国のお茶文化を反映したメニューを提供。食器にはブランドの世界観を表す自然やアニマルキングダムの要素を取り入れた。今後はワークショップや展覧会、ライブパフォーマンスなどを開催する予定だ。

■バーバリー:公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング