Techable

バッテリー不要のゲームボーイが登場、ボタン操作を電力に変換

Techable

Webテクノロジーに関する話題を発信するニュースサイト

フォローする:

ノースウェスタン大学らの研究チームは、ゲームボーイからバッテリーを取り除くことに成功した。

研究チームは、持続可能なゲームシステムを概念実証するうえで、史上最も人気を博したゲーム機の1つゲームボーイを選んだようだ。

「ENGAGE」と呼ばれるこのゲームシステムは、9月に開催予定のユビキタス/パーベイシブコンピューティング分野の国際会議「UbiComp 2020」にて発表予定となっている。

電力はユーザーの操作と太陽光から

研究チームは、任天堂ゲームボーイの筐体デザインからサイズ、カートリッジを入れて稼働するところまでを模倣してゲームシステムを制作。プロセッサまで再現した(動画で確認可能)。

ただし、エネルギー効率を高める必要があったため、ソフトウェアとハードウェアは根本から設計し直したとのこと。

ユーザーが操作ボタンを押すと、デバイスは電力へと変換される。併せてシャーシ前面に取り付けられた太陽光パネルからの電力を利用し、デバイスを動かすようだ。

ゲームのセーブが不要

また、システムの状態を不揮発性メモリに保存するためセーブが必要ない。もしスーパーマリオのジャンプ中に電源が落ちたとしても、再度電源を入れなおせば中断したところからゲームを再開できるという。

天候が悪くなければ、ある程度ボタン操作が必要なゲームを、10秒ごとに1秒未満の中断でプレイできる。この条件は、スーパーマリオでは都合が悪いが、チェスやソリティアなら許容範囲だ。

同システムはまだまだ実用の段階ではないものの、停電したときにゲームを楽しむことは可能だろう。さらなる技術の洗練が楽しみだ。

参照元:Battery-free Game Boy runs forever/ Northwestern Now

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング