Techable

ワイヤレスイヤホンにもなる翻訳機「Timekettle M2」登場

Techable

Webテクノロジーに関する話題を発信するニュースサイト

フォローする:

中国深セン発のAI翻訳機メーカーであるTimekettle社は、イヤホン型翻訳機「Timekettle M2」に関するプロジェクトを、クラウドファンディングサイト「Makuake」に掲載。来年1月中旬まで出資を募る。

3つの翻訳モードを搭載

Timekettle社は2016年に設立され、スマート翻訳機「ZERO」などをリリースしてきた。ちなみに、同翻訳機に関しては過去にTechableでも取り上げている

今回登場したイヤホン型翻訳機「Timekettle M2」は、現時点で40種類93言語のオンライン翻訳に対応。そして、ユーザーは複数の翻訳モードを使用できる。1対1の会話がスムーズになる「タッチモード」、外国語の講義を受けるときに重宝しそうな「リッスンモード」、海外旅行などで役立つ「スピーカーモード」の3つだ。

具体的な使い方が気になったら、Timekettle社のYouTubeチャンネルもチェックいただきたい。3つのモードのチュートリアル動画など、さまざまな動画が公開されている。

ワイヤレスイヤホンとしての使用もOK!

「Timekettle M2」は、ワイヤレスイヤホンとしての使用にも対応。翻訳機能を利用していないときでも、音楽鑑賞や通話に使える点がメリットといえるだろう。

Makuakeにおけるプロジェクトの終了日は来年1月12日。数量限定の「早割」を適用した場合、1万1,750円(税込)で「Timekettle M2」を入手できる。

また、クリスマスプレゼントとして同製品を検討されている方に朗報だ。現在は「クリスマス特別企画」を実施中。来月15日までに出資を行うと、12月23日までに商品が届くという。なお、通常の配送予定は来年2月末とのこと。

Makuake / Timekettle M2

(文・早川あさひ)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング