8月30日に閉店したブルックス ブラザーズ青山店
8月30日に閉店したブルックス ブラザーズ青山店
Image by: FASHIONSNAP

Business

ブルックス ブラザーズ ジャパンをダイドーリミテッドが連結子会社化へ、ブランド価値向上目指す

8月30日に閉店したブルックス ブラザーズ青山店 Image by FASHIONSNAP
8月30日に閉店したブルックス ブラザーズ青山店
Image by: FASHIONSNAP

 「ブルックス ブラザーズ(Brooks Brothers)」の日本事業を運営するダイドーリミテッドが11月9日の今日開催した取締役会において、アメリカのブルックス ブラザーズが保有する株式の40.5%分を追加取得し、ブルックス ブラザーズ ジャパンを連結子会社化することを決議した。

関連記事
米「ブルックス ブラザーズ」が破産法申請、バーニーズを買収したABGなどが買い手候補に

— ADの後に記事が続きます —

 ブルックス ブラザーズ ジャパンは、ダイドーリミテッドと米ブルックス ブラザーズによる合弁会社で、1979年に設立。現在はダイドーリミテッドが40%(米ブルックス ブラザーズが60%)の割合で株式を所有しているが、ダイドーリミテッドの株式保有比率を増やし、80.5%の割合に変更する。

 追加取得の理由についてダイドーリミテッドは、日本におけるブルックス ブラザーズのブランド価値向上や、ブルックス ブラザーズ ジャパンの安定的運営および全体的なシナジー効果創出のためだとしている。追加株式の取得日および取得金額は、現時点では未定だという。

 なお、今年7月に経営破綻した米ブルックス ブラザーズは、マルチブランドプラットフォーム事業を行うスパークグループ(SPARC Group)が買収した

こちらもチェック
ブルックス ブラザーズが国内5店舗の閉店を追加で発表、計15店舗が営業終了へ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング