複合的カルチャースペース「スパゲッティ」 イメージ画像
複合的カルチャースペース「スパゲッティ」 イメージ画像
Image by: 8%

Culture

複合カルチャースペース「スパゲッティ」が表参道にオープン、平野紗季子のポップアップを開催

複合的カルチャースペース「スパゲッティ」 イメージ画像 Image by 8%
複合的カルチャースペース「スパゲッティ」 イメージ画像
Image by: 8%

 エンターテインメント事業を行うツインプラネットとクリエイティブスタジオ「8%」が、複合的カルチャースペース「スパゲッティ(SPAGHETTI)」を表参道に開業した。

 スパゲッティは、様々なジャンルのヒト、モノ、コトに焦点を当て、キオスク、ギャラリー、動画スタジオを備える複合施設。店舗の内装はambientdesignsがデザインを手掛け、スタジオ美術は池尻のヴィンテージインテリアショップ「YOU ARE WELCOME」が担当。施設名称は、高速道路の複雑な分岐点や連結地点を英語で通称"スパゲッティ・ジャンクション"と呼ぶことから名付けられ、様々なカルチャーが交わるジャンクションを目指すという。ギャラリーでは、アーティストとのコラボレーションを中心に国内外様々なジャンルのコンテンツを展開。キオスクはギャラリーと連動したオリジナルアイテムを販売するほか、食とアートをテーマにしたケータリングサービス「CATERING ROCKET」のオリジナルルイボスチャイや、奥多摩のブルワリー「VERTERE」のオリジナルクラフトビールなどを提供している。

 第1弾ポップアップとして、フードエッセイストの平野紗季子が主宰する「ホットドックスタンド⽝かよ by HIRANO FOOD SERVICE」を11月23日まで開催。ポップアップでは、ミシュラン⼀つ星を獲得した中華料理店「ミモザ(mimosa)」のオーナーシェフ南俊朗が監修し、ソーセージ専⾨店「ドットコミュ(.comm)」が製造するオリジナル中華⾵ホットドック(800円)とチャイニーズホットビネガー(450円)を販売している。フードのほか、ポップアップオリジナルのロングスリーブTシャツ、トートバッグ、レジャーシート、ステッカーなどが揃う。

関連記事
平野紗季子が「ハナコ」で連載中のエッセイが1冊に、六本木やラオスなど56の街を紹介

私は散歩とごはんが好き(犬かよ)。 (マガジンハウスムック Hanako BOOKS)
著: 平野紗季子
ブランド: マガジンハウス
メーカー: マガジンハウス
発売日: 2020/07/15
価格: ¥1,760(2020/11/13現在)

■SPAGHETTI
住所:東京都渋⾕区神宮前5丁⽬3-13 1階
電話:03-6427-1402
営業時間:11:00〜18:00※ポップアップによって変動あり
公式サイト

■ホットドックスタンド⽝かよ by HIRANO FOOD SERVICE
期間:2020年11⽉14⽇(⼟)〜11⽉23⽇(⽉)
※新型コロナウイルスの感染拡⼤防⽌策としてテイクアウトをメインに販売

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング