Techable

メガネのいらない世界をつくる「クボタメガネ」、ダブリン工科大と共同研究へ

Techable

Webテクノロジーに関する話題を発信するニュースサイト

フォローする:

窪田製薬ホールディングス株式会社(以下、窪田製薬HD)は、ダブリン工科大学(Technological University Dublin)と共同研究契約を締結。100%子会社のクボタビジョン・インクが開発するウェアラブル近視デバイス「クボタメガネ」に関して、共同研究を行っていく。

アイルランドで最も歴史の長い工科大学とタッグ!

2015年設立の窪田製薬HDは、眼科医療ソリューションを手がける企業だ。米国のクボタビジョン・インクを研究開発の拠点として、革新的な治療薬や医療技術の開発に取り組んでいる。

窪田製薬HDが共同研究契約を締結したダブリン工科大学は、アイルランドで最も歴史の長い工科大学として知られる。同契約における主任研究者であるジェームズ・ラウマン教授は、近視コントロールの臨床研究を専門としている。また、共同研究者のイアン・フリットクロフト教授は、近視の分野を25年間研究してきたとのことだ。

「クボタメガネ」の今後の商業化に期待

前述のウェアラブル近視デバイス「クボタメガネ」には、独自技術「クボタメガネテクノロジー」が採用されている。これは、網膜に人工的な光刺激を与えることにより、近視の進行抑制や治療を図るというものだ。

窪田製薬HDは「クボタメガネ」に関する概念実証試験として、今年5月に卓上デバイス、そして8月にウェアラブルデバイスを用いた臨床試験を実施。過去にTechableでも取り上げた通り、一定の効果が確認されたという。「クボタメガネ」の今後の商業化に期待がかかる。

PR TIMES

(文・早川あさひ)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング