Image by: コーセー

Beauty

コーセーが将来のシワを予測する世界初の技術開発、進行リスクを数値化

Image by コーセー
Image by: コーセー

 コーセーが、年齢と肌の状態から将来のシワ状態を予測する世界初の数理モデルを開発した。シワの進行リスクを数値で可視化、評価する技術でシワのリスク低減につながる美容提案が可能となり、美容カウンセリングやセルフ診断などに応用することでシワ予防のサービスや商品開発に繋げていくという。

— ADの後に記事が続きます —

 同社によるとシワの発生や進行には紫外線の曝露量や生活習慣、ホルモンの分泌量、肌状態など個々人で大きく異なる複数の要因が関与していることが明らかになってきているが、個人ごとの将来のシワを予測し、深くなる前にケアするシワ予防に関わる技術はほとんど開発されていなかったという。研究は大学共同利用機関法人 情報システム研究機構 統計数理研究所 医療健康データ科学研究センターの野間久史准教授と共同で実施。22〜60歳のコーセー研究所に所属する日本人女性48人を対象に、目尻のシワの目視評価値(シワレベル)や、肌の状態の指標となる測定値(水分量、経皮水分蒸散量、皮脂量、肌色の明るさ、肌色の赤み、肌色の黄み)を7年間にわたり毎年取得した。

 シワレベルと年齢の間に強い相関関係と大きな個人差が認められたことから、予測モデルの開発には様々な要因に対して個人差があるため、個人ごとの差を考慮することができる統計手法「マルチレベルモデル」を用いた分析法を採用。各測定値との関連を複合的に分析したところ、年齢、肌色の明るさ、肌の赤み、皮脂量の4つの要素で将来のシワレベルが予測できることがわかったという。

コーセー パール剤

関連記事
コーセーがシミやクマを自然にカバーできるパール剤開発、素肌に近い発色を実現

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング