Image by: malamute

Fashion

マラミュートが趣里を起用したヴィジュアル公開、マティスの「ブルー・ヌード」から着想

 「マラミュート(malamute)」が、2021年初夏コレクション「mix」のキーヴィジュアル「BLUE NUDE」を公開した。写真家の小見山峻が撮影し、モデルには俳優の趣里を起用した。

関連記事
マティスの切り紙絵に着目した個展「マティス 自由なフォルム」展が国立新美術館で開催、ブルー・ヌードなどを展示

Image by malamute
Image by: malamute
— ADの後に記事が続きます —

 マラミュートは2019年春夏コレクションからランウェイショーのほか、インスタグラムのストーリーズを活用したプレゼンテーション方式でもコレクションを発表してきた。今回披露されたヴィジュアルは、「実売期に新たなヴィジュアルを公開することは、コレクションをよりよく伝えるためのプレゼンテーションの1種」という考えから制作したという。

 新たに公開されたヴィジュアルは、同コレクションに最も影響を与えたアンリ・マティスの切り紙絵作品「ブルー・ヌード」を着想源に、人の手で生み出される温かさと繊細さを表現。英国でのバレエ留学時に「ブルー・ヌード」を題材にしたダンス課題経験があることから、趣里がモデルに起用されたという。

 小高は「自粛期間中に不安な日々を過ごしながらデザインしたコレクションでしたが、ヴィジュアル写真には、とても柔らかい緊張が解れるような自由な印象や、『どんな時節にあってもリラックスすることのかっこさよさ』が映し出されていると思う」とコメントしている。

公式インスタグラム

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング