Image by: BEAMS

Lifestyle

ニトリとビームスが共同開発 ハンガーになるラダーシェルフやサイドテーブル使用可能なスタッキングスツールなどを発売

Image by BEAMS
Image by: BEAMS

 ビームスのライセンスブランド「ビームス デザイン(BEAMS DESIGN)」が、ニトリと家具シリーズ「新しい暮らし方のためのツール by BEAMS DESIGN」を共同企画した。4月24日にニトリの首都圏6店舗と、ニトリネットで発売。ニトリネットの特設サイトでは、ビームススタッフ6人による使用例を公開している。ニトリが家具を異業種ブランドと共同企画するのは今回が初となる。

— ADの後に記事が続きます —

 同シリーズは、「家での過ごし方が大きく変わった今、やっぱり大事なのはどう暮らしていくかだ」の考えから開発がスタート。ニトリの「お、ねだん以上。」のキャッチコピーにちなんで、一人一人の生活に馴染み、使い込んでいくことで愛着が増していく「家具以上のもの」を目指すという。

 アイテムは、「たためる」「ひろがる」「かさなる」といった暮らしに役立つ機能を備えた5型をラインナップ。広げるとワークデスクになるコンソールデスク(2万4900円)や、⼤⼩2つが重なるネストテーブル(1万9900円)、サイドテーブルとして使用できるスタッキングスツール(6990円)、2ステップで天板幅を調整できるセンターテーブル(1万9900円)、可動式の棚板を動かすことでポールハンガーになるラダーシェルフ(1万9900円)を展開する。いずれのアイテムも使用していないときのデザイン性を意識したほか、木部にビーチ無垢材を採用したことで経年変化が楽しめる仕様に仕上げた。

関連記事
ビームスが25年親しまれたプラ製ショッパーを廃止、サステナビリティ向上の一環

■新しい暮らし方のためのツール by BEAMS DESIGN
発売日:2021年4月24日(土)
取扱店舗:ニトリ赤羽店/ニトリ環八用賀店/ニトリ中目黒店/ニトリ渋谷公園通り店/ニトリ新宿タカシマヤタイムズスクエア店/ニトリマロニエゲート銀座店/ニトリネット

特設サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング