Fashion HR

エシカルファッションとは?サステナブルとの関連性や代表的なブランドを紹介

Fashion HR

ファッション業界に特化した仕事・転職サイト

フォローする:

近年よく耳にする「エシカル」。世界的に注目されている取り組みですが、ファッション業界でも重視されており、GUCCIなどの有名ブランドから量販ブランドまで、多くの企業が高い関心を寄せています。「エシカルファッション」の起こりも踏まえ、具体的にどのような考え方を指すのか、また「サステナブル」との関連性についても解説します。

— ADの後に記事が続きます —

エシカルについて

「エシカル」とは、直訳すると「倫理的な」という意味。法律などで定められているわけではないですが、人権や社会、環境に対して、“良識的にどんな考えや行動をとるべきだろう?”と考える社会的な規範のことです。「エシカル消費」という言葉を耳にしたことがあるかと思いますが、これは、地域活性化や雇用を含む、地球環境や社会に配慮した消費やサービスのことで、自分自身のライフスタイルや、どんな生き方を目指すのかを生活者の目線で考える、という取り組みのことを差します。

エシカルファッションとは?

環境問題のみではなく、労働問題や社会問題にも配慮したうえで素材を選び、生産から販売までをおこなっている“地球と人に優しいファション”を「エシカルファッション」と表現します。例えば、環境に負担がかかりにくい素材を使用したり、人権に配慮して生産されたファッションのことです。2004年にフランスでエシカルファッションショーが開催されるようになったことから、ヨーロッパを中心にムーブメントが起こり、少しずつ世界に広まっていきました。その考え方が重視されるようになったのは、2013年にバングラデシュにあるファッションブランドの縫製工場が入った8階建ての商業ビル「ラナ・プラザ」で起きた崩落事故が発端です。「大量生産・大量消費」のビジネスモデルを高めるために労働者を低賃金で雇い、危険な現場で働かせていたために起こった事故でした。これをきっかけに、アパレル企業は生産現場に責任を持つべきだという原則から「倫理的な」ファッションが求められ、「エシカルファッション」に取り組むようになりました。

エシカルファッションの10の基準

“地球と人に優しいファション”を目指すうえで、2004年に設立されたエシカルファッション推進団体「The Ethical Fashion Forum」では、次のように基準を定めています。この団体には、世界で100ヵ国以上、6000以上の団体や個人が加盟しています。

・安価で使い捨て型の「ファストファッション」や環境に害のあるファッション消費に反対する・生産において労働者の賃金・権利・労働環境を守っている・持続可能な暮らしのサポートになっている・有毒農薬や化学薬品の使用問題に取り組んでいる・環境に優しい繊維や素材を使用、または開発している・水の使用量を最小限に抑えている・リサイクルやエネルギー、ゴミ問題に取り組んでいる・サステナブルなファッションを開発・促進している・環境に対する人々の意識を向上させる取り組みをしている・動物の保護に取り組んでいる

サステナブルとの関連性

「サステナブルファッション」とは直訳すると「持続可能なファッション」のことで、ファッションの生産、流通において自然環境や社会に配慮した取り組みのことを指します(詳しくは こちら)。では、「エシカルファッション」との関連性や違いはあるのでしょうか?要旨をまとめると、ファッション業界における環境負担減を目的とする「ファッション協定」が発表されたことでさらに広がったのが「サステナブルファッション」、「ラナ・プラザ崩落事故」をきっかけに労働問題や社会問題への取り組みを重視するようになったのが「エシカルファッション」です。ファッションにおいては共通する点が多く関連性が高いため、近年ではほぼ同じ意味で使われることが多くなりました。例えば、大量生産・大量消費のファストファッションを見直すことは、環境問題と人権に配慮するファッションでもあるからです。それぞれの成り立ちを理解しておくという意味では、リサイクルを含めた環境問題に取り組む「サステナブルファッション」、人権や社会に対する配慮が強い「エシカルファッション」と捉えておくと良さそうです。

代表的なファッションブランド

世界的な関心も高まり、ファッション業界でもエシカルやサステナブルは、ブランド理念としても切り離せないものになってきています。様々なブランドで多くの取り組みが行われていますが、「エシカルファッション」「サステナブルファッション」に、積極的に取り組んでいる代表的なブランドをいくつか紹介します。

Stella McCartney
イギリスのファッションデザイナーによるブランド、ステラマッカートニーは設立当初から皮革や毛皮を使用しておらず、再生カシミアを採用することで環境負荷が7分の1まで軽減。チャリティー活動への参加や労働環境の改善など、人に対する配慮も積極的に行っています。

H&M
スウェーデン初のファストファッション・ブランド。H&Mは「CONSCIOUS PRODUCTS」を展開しており、一年を通して、レディース、メンズ、キッズ全てに、サステナブルな素材を20~50%以上使用しています。その割合を上げるため、技術革新に取り組んでいます。

GUCCI
再生素材、オーガニック素材、バイオベースの持続可能な原料による素材を使用し、環境に及ぼす影響に配慮してデザインされた「Gucci Off The Grid」コレクションを展開。さらに、人と地球のために積極的な変化を生み出す「Gucci Equilibrium」プロジェクトも立ち上げています。

Vivienne Westwood
デザイナー自身も積極的な環境保護支援活動家として知られるヴィヴィアン・ウエストウッドは、2011年から「エシカル・ファッション・アフリカ」プロジェクトを始動。フェアトレードの実施や途上国の労働者支援といった人権への配慮だけではなく、熱帯雨林保護活動などにも力を入れています。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング