メゾン・ラリック 「シダ」 1912年
メゾン・ラリック 「シダ」 1912年
Image by: 資生堂

Art

資生堂アートハウスが「美術館で、過ごす時間 2021」開催、ヴィンテージ香水瓶など名作を公開

メゾン・ラリック 「シダ」 1912年 Image by 資生堂
メゾン・ラリック 「シダ」 1912年
Image by: 資生堂

 資生堂アートハウスが、展覧会「美術館で、過ごす時間 2021」を開催する。5月11日から7月23日までの前期と、8月3日から10月20日までの後期の2部構成となる。同展は資生堂アートハウスの館蔵品展として2020年に始動した。

— ADの後に記事が続きます —

 前期ではヴィンテージ香水瓶と日本画を紹介。ルネ・ラリック(René Lalique)や「バカラ(Baccarat)」による香水瓶の名作が並ぶほか、日本画は小野竹喬、奥村土牛らの作品を展示する。後期では現代陶芸、金工、油彩にフォーカス。八木一夫の陶芸作品をはじめ、内藤四郎、三代目𠮷羽與兵衛、西大由の金工、中谷泰による油彩などを公開する。また、前期と後期共に絵画作品は1974年から1990年にかけて開催した資生堂主催の「第三次椿会」出品作を中心に構成する。

関連記事
高田賢三回顧展が文化学園服飾博物館で開催 服飾作品やデザイン画を公開

■美術館で、過ごす時間 2021
会場:資生堂アートハウス
住所:静岡県掛川市下俣751-1
会期:2021年5月11日(火)〜7月23日(金)(前期)、2021年8月3日(火)〜10月20日(水)(後期)
公式サイト

香水瓶―古代からアール・デコ、モードの時代まで
著: 由水 常雄
メーカー: 二玄社
価格: ¥1,923(2021/05/07現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング