2020年4月8日の渋谷スクランブル交差点の様子
2020年4月8日の渋谷スクランブル交差点の様子
Image by: FASHIONSNAP

Business

緊急事態宣言5月末まで延長、東京都は大型商業施設への休業要請を継続する独自措置

2020年4月8日の渋谷スクランブル交差点の様子 Image by FASHIONSNAP
2020年4月8日の渋谷スクランブル交差点の様子
Image by: FASHIONSNAP

 政府は5月7日、東京都や大阪府、兵庫県、京都府に発出している緊急事態宣言の期間を5月31日まで延長すると発表した。また、対象地域に愛知県と福岡県を追加する。これを受けて、東京都は緊急事態措置の延長を決定。大型商業施設について、政府は休業要請から営業時間の短縮要請に緩和したが、東京都は独自の措置として引き続き休業を要請するとした。

関連記事
緊急事態宣言、休業要請で百貨店も対象 1日あたり百貨店に20万円、テナントに2万円を支給

— ADの後に記事が続きます —

 政府は床面積が1000平方メートルを超える大型商業施設への措置について、人流が盛んになるゴールデンウィークでは短期集中の対策として休業を要請していたが、延長期間は20時までの時短営業の要請に変更。原則無観客での開催を要請してきたイベントについては、上限を5000人かつ収容率50%以下で21時までの開催を要請するという。酒類の提供やカラオケ設備を有する遊興施設および飲食店に対しては引き続き休業要請を行い、客による酒の持ち込みの制限を新たに追加した。

 東京都は独自の措置として、徹底して人流を抑制することが重要とし、大型商業施設への休業要請を継続すると発表。31日までの期間、全面協力した施設や店舗には事業規模に応じた支援金を支払う方針だという。

休業中の伊勢丹新宿店

関連記事
緊急事態宣言で休業要請対象 日本百貨店協会が政府に要望書を提出「可能な限り営業を拡大したい」

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング