Image by: FASHIONSNAP

Fashion

サカイも休業、伊勢丹新宿店「高級衣料品」売り場の営業体制が変更

Image by FASHIONSNAP
Image by: FASHIONSNAP

 三越伊勢丹が、5月23日の今日から都内4店舗の営業体制を変更した。宝飾品、アクセサリー、美術品のほか、当面の間「高級衣料品(豪奢品)」にあたるショップも休業している。

関連記事
都内の三越伊勢丹、日曜から高級衣料品売り場休業へ 東京都からブランドに要請

— ADの後に記事が続きます —

 都内の三越伊勢丹店舗では、東京都が「高級衣料品は生活必需品には当たらない」といった見解を示したことを受けて、5月19日以降、ラグジュアリーブランドの営業は継続するものの、一部商品の販売を控える形で対応してきた。しかしながら東京都からラグジュアリーブランドに対し直接休業の要請があったことを受け、21日には同社と各ブランドとの間で再度協議の上で再休業を決めた。

 三越伊勢丹の公式サイトには、館ごとに休業中のショップを一覧で掲載。伊勢丹新宿店 本館の1階では「エムシーエム(MCM)」(ハンドバッグ・財布)や「エルメス(HERMÈS)」のブティックなどが休業している。同館3階の婦人服フロアでは、「グッチ(GUCCI)」「バーバリー(BURBERRY)」「ロエベ(LOEWE)」「メゾン マルジェラ(Maison Margiela)」「アクネ ストゥディオズ(Acne Studios)」などが並ぶ「インターナショナルデザイナーズ」のエリアを中心に営業を取りやめている。3階フロアには「コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)」「アンダーカバー(UNDERCOVER)」「トーガ(TOGA)」といったブランドが出店しているが、これらの「インターナショナルクリエーターズ」は営業を継続。日本のファッションブランドでは唯一「サカイ(sacai)」が「インターナショナルデザイナーズ」エリアに入るため休業となったようだ。なお、メンズ館のサカイの売り場は営業を行っている。このほか4階婦人服の「シャネル(CHANEL)」「ディオール(DIOR)」などが構える「インターナショナルラグジュアリー」のエリアや、6階の「ベビーディオール」や「グッチチルドレンズ」が並ぶ子ども服売り場を中心に一時休業している。

 このほか、日本橋三越本店、銀座三越、伊勢丹立川店においても、「サルヴァトーレ フェラガモ(Salvatore Ferragamo)」「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」「サンローラン(SAINT LAURENT)」など海外のラグジュアリーブランドのブティックを休業している。

東京都 百貨店 営業再開

東京都の見解
小池都知事「高級衣料品は生活必需品には当たらない」 百貨店と東京都で営業再開の判断分かれる

■三越伊勢丹:首都圏三越伊勢丹 各店営業時間のお知らせ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング