デジタルアート専門の店舗型ギャラリー「DiGARO」
デジタルアート専門の店舗型ギャラリー「DiGARO」
Image by: ラフロワ

Art

日本初デジタルアートの店舗型ギャラリーが有楽町にオープン、NFTマーケットプレイスの構築も

デジタルアート専門の店舗型ギャラリー「DiGARO」 Image by ラフロワ
デジタルアート専門の店舗型ギャラリー「DiGARO」
Image by: ラフロワ

 アートプロジェクトチーム「ArtHub.jp」を運営するラフロワが、日本初のデジタルアート専門の店舗型ギャラリー「DiGARO」を有楽町マルイ7階に出店する。オープン日は6月1日。DiGAROのパートナー企業として、トークンを活用したデジタルマーケティング事業を展開するcanowが参画している。

— ADの後に記事が続きます —

 DiGAROの店舗面積は約50平方メートル。マネタイズできる仕組みが整っていないデジタルアートの分野において、作品を発表できる場を創り、還元できるシステムを作ることで、より多くのアーティストが継続的に活躍できる土壌を作っていくという。ギャラリーではデジタルアーティストたちの作品をプリントして販売するほか、QRコードを通してスマートフォンで作品を鑑賞できるオンライン展示やAR展示を行う。ラフロワとcanowの両社は今後、NFTマーケットプレイス構築のためのサービス開発を進め、ブロックチェーンをベースとしたデジタルアートの流通市場の形成を目指す。

 オープンを記念して、グループ展「anywhere vol.1」を開催する。会期は6月1日から20日までで、参加アーティストはkamin、kou、リチャード君、急行2号、木村智博の5人。DiGAROのほか、「KEIVI-軽美術-」と「ArtHubMedia」のInstagramを通じ、リアルとデジタルで作品を披露する。

ワンセック バーチャルスニーカー

関連記事
ファッション業界にもNFTの波?日本初のバーチャルスニーカーが誕生 価格は約118万円

■DiGARO
オープン日:2021年6月1日(火)
住所:東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町マルイ7階
時間:11:00〜20:00
プレサイト(6月1日開設)

■Instagram:KEIVI-軽美術-ArtHubMedia

メディアアート原論
編集: 久保田晃弘、畠中実
メーカー: フィルムアート社
発売日: 2019/05/31
価格: ¥1,700(2021/05/19現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング