Image by: スウェーデンオリンピック・パラリンピック委員会提供

Fashion

ユニクロが東京五輪スウェーデン選手団の公式ウェア製作、エアリズムやドライ EXを使用

Image by スウェーデンオリンピック・パラリンピック委員会提供
Image by: スウェーデンオリンピック・パラリンピック委員会提供

 「ユニクロ(UNIQLO)」が、2021年7月から開催予定の東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会におけるスウェーデン代表選手団が着用する公式ウェアを製作した。バドミントンや卓球、テニス、ボート、カヌー、水泳、射撃、ゴルフ、セーリングなど20種目の大会競技ウェアを提供。セレモニーやトレーニング、移動中や休息時など競技以外の時間も選手が快適に過ごすためのLifeWearコレクションを発表した。

関連記事
ユニクロ、初のチームブランドアンバサダー「ユニクロ チーム スウェーデン」を結成

— ADの後に記事が続きます —

 ユニクロとスウェーデンオリンピック・パラリンピック委員会は、2019年1月のパートナーシップ締結後に公式ウェアの製作をスタート。ユニクロ有明本部に新設した「服の基礎研究所/ラボ(人工気象室)」で東京の温湿度を再現した気象テストや、運動時の発汗場所、量などの機能検証を行い、猛暑と湿気の中でも最高のパフォーマンスを維持できるように開発した。

 素材は「ドライ EX」「ウルトラストレッチ」「エアリズム」「UV カット」などユニクロの高機能素材を使用し、スウェーデンの国旗色のブルーとイエローに加え、ライトグレーをメインカラーに採用。回収したペットボトルからリサイクルした再生ポリエステル素材と、再生可能資源のバイオマス原料由来のポリエステル繊維素材を一部に使用したほか、フッ素を使わない撥水加工剤や素材ロスを最小限にする編み製法を採用するなど環境に配慮した素材選定と製法を実現した。

 ファーストリテイリングの柳井正代表取締役会長兼社長は「スウェーデン代表選手団を服の力でサポートできることを大変うれしく思います。グローバルアンバサダーにウエア提供を行ってきたユニクロの服作りのノウハウに、サステナビリティ先進国であるスウェーデンオリンピック・パラリンピック委員会の知見が加わり、新しいLifeWearコレクションを完成させることができました」とコメントした。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング