Image by: ネオラレ

Business

開催日は2人に1人が「知らない」、Z世代の75%が東京オリンピック開催に反対

Image by ネオラレ
Image by: ネオラレ

 Z世代向けのサービス企画やSNS運用代行を行うネオレアが、Z世代が2020年東京オリンピックについてのアンケート調査の結果を発表した。2731人の中学・高校・大学生を対象に、オリンピックに賛成か否か、応援している競技などを調査した。

— ADの後に記事が続きます —

 アンケートでは、「オリンピックの開催に賛成ですか?」「オリンピック、いつから始まるか知っていますか?」「オリンピックをテレビで観ますか?」「オリンピックの情報はどこから手に入れていますか?」「応援している競技はなんですか?」「応援している選手は誰ですか?」の計6つの質問を用意。結果は75%がオリンピックの開催に反対しており、49%の人が開催日を知らないということが明らかとなった。

 開催に否定的な意見が多い一方で、オリンピックのテレビでの観戦については6割が「観る」と回答。応援している競技ランキングでは、1位からバレーボール、バスケットボール、陸上、競泳、バドミントンと続き、選手は「病気に打ち勝って活躍している」「がんばる勇気をくれる」といった理由から競泳の池江璃花子や、「念願の金メタル取って欲しい」「怪我から復帰をして活躍している」との声からバドミントンの桃田賢斗、「同世代の選手で顔もかっこいい」「バレーを始めるきっかけをくれた人」いう理由からバレーボールの高橋藍に票が集まった。

東京五輪 ユニフォーム まとめ

関連記事
【まとめ】東京2020オリンピック、各国のユニフォーム・衣装は? -随時更新-

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング