ZOZOのコーポレートサイトより
ZOZOのコーポレートサイトより

Business

ZOZO、創業者で大株主の前澤友作氏から自己株式の一部を取得

ZOZOのコーポレートサイトより
ZOZOのコーポレートサイトより

 ZOZOが、自己株式の取得と新株予約権の発行を発表した。創業者で前社長の前澤友作氏が保有する自己株式の一部を取得したほか、新株予約権をBofA証券に割り当てることで、現在の流通株式比率34.8%を、東京証券取引所が来年4月から適用する新たな市場区分「プライム市場(=東証1部)」の上場維持に必要とされる35%以上に高めることが狙いとしている。

— ADの後に記事が続きます —

 前澤氏は今年3月末時点で持株数4155万4900株を保有。持株比率は13.33%で、ZOZOの親会社Zホールディングスの中間持株会社に次ぐ第2位の大株主だ。ZOZOは自己株式の買い付けにあたり、前澤氏に普通株式の売却を打診したところ、「一部売却に応じる」と回答を得たという。

 ZOZOが5月25日付で取得した自己株式は854万4000株で、1株3745円(24日の終値)、総額約320億円を投じた。なお、ZOZOの株価は同日に年初来高値を更新していた。

 新株予約権の発行数は678万株で、約250億円を調達する。割当日は6月15日の予定。調達資金は設備投資やプロモーション関連利用、新規事業への投資費用などに充てるという。

 なお、同社の3月末における連結貸借対照表上の現金および預金残高は約616億円あり、また取引銀行との当座貸越枠も十分にあることから、自己株式取得後も手元流動性は十分確保できるとしている。

ZOZO 澤田宏太郎社長

関連記事
前澤友作氏からトップ交代1年半で最高益更新 新生ZOZO澤田社長が睨む次の一手

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング