「パトゥ」アーティスティックディレクターのギョーム・アンリ
「パトゥ」アーティスティックディレクターのギョーム・アンリ
Image by: Cheval Blanc

Lifestyle

ピーター・マリノ設計の新ホテル「シュヴァル ブラン」がパリに開業、パトゥがユニフォームをデザイン

「パトゥ」アーティスティックディレクターのギョーム・アンリ Image by Cheval Blanc
「パトゥ」アーティスティックディレクターのギョーム・アンリ
Image by: Cheval Blanc

 「パトゥ(PATOU)」のアーティスティックディレクター ギョーム・アンリ(Guillaume Henry)が、「シュヴァル ブラン(Cheval Blanc)」による初の都市型ホテル「シュヴァル・ブラン パリ(Cheval Blanc Paris)」のチームユニフォームを手掛けた。開業日は9月7日。

あわせて読みたい
LVMH傘下のジャン・パトゥ、2020年春夏シーズンから「パトゥ」にブランド名を変更

— ADの後に記事が続きます —

 シュヴァル・ブラン パリは、パリ中心部左岸のセーヌ川のほとりに位置し、設計デザインは建築家のピーター・マリノ(Peter Marino)が担当。フランスのサヴォアフェールとクラフツマンシップへの敬意を表す建築としてアール・デコ様式の歴史的建造物の伝統を継承しつつ、現代的なエッセンスを加えた。単なる旅先の滞在場所としてではなく、そこ自体が目的地になるような場所を目指し、本格的なグルメを提供するレストランや、広大なスイミングプール、最高級のトリートメントを受けられるスパを併設する。チームユニフォームを依頼した経緯については、パトゥがシュヴァル・ブラン パリと同じくセーヌ川付近に店舗を構えているという共通点と、アール・デコの価値観を反映したものづくりを行っているという親しみやすい美的感覚があったからだと説明している。

 チームユニフォームは、ロビーやテラス、レストランなどエリアごとに異なり、いずれも時代に左右されないタイムレスなデザインに仕上げたという。それぞれのアイテムには、マットウールやコットンピケ、ポプリンなどの高品質な素材を使用し、寄木細工をイメージした金ボタンや、シュヴァルブラン パリの紋章をあしらった。ギョーム・アンリはユニフォームについて、「パリジャンのエレガンスとアール・デコの美学に基づくスポーティな魅力を融合させ、フランスの伝統とノウハウを表現しています」とコメントしている。

PATOU 2021年秋冬

関連記事
「パトゥ」の2021年秋冬コレクション

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング