Business

全体の7割がサステナビリティを認知、3人に1人がユニクロやH&Mで衣服品回収サービスを利用

 楽天が運営するフリマアプリ「ラクマ」と、デファクトスタンダードが運営するブランド品宅配買取サービス「ブランディア」が、ユーザーのサステナビリティに対する意識について共同で調査を実施した。調査の結果、全体の約70%がサステナビリティを認知しており、回答者の3人に1人以上がアパレルブランドなどが店頭で行う衣類品の回収サービスを利用したことがあると回答した。

— ADの後に記事が続きます —

 サステナビリティの認知に関する質問で「意味を知っている」と回答したのは47%で、全体の76%がサステナビリティを「日常に取り入れたいと思う」と回答した。また、「意味を知っている」と回答したユーザーの多くが「マイバッグの利用やゴミの分別」「不用品のリユース」を意識して取り組んでいることがわかった。

 不用品のリユースについては、84%が衣服と子ども服をリユースすると回答。アパレルブランドが実施している衣類の回収サービスについては、35%が「参加したことがある」と答えており、参加経験のあるブランドについては「ユニクロ(UNIQLO)」「ジーユー(GU)」「H&M」が挙げられた。

関連記事
【まとめ】いらない服は捨てずにリサイクルへ、ファッションブランドの衣類品回収サービス

2030年アパレルの未来: 日本企業が半分になる日
著: 福田 稔
ブランド: 東洋経済新報社
メーカー: 東洋経済新報社
価格: ¥1,760(2021/07/21現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング