先行販売で人気を集めた「ローズウッドデイドリーム 4アイズ」
先行販売で人気を集めた「ローズウッドデイドリーム 4アイズ」
Image by: FASHIONSNAP

Beauty

新生「RMK」の先行販売が好調発進 YUKIディレクターが魅せるカラーが大人の女性にもヒット

先行販売で人気を集めた「ローズウッドデイドリーム 4アイズ」 Image by FASHIONSNAP
先行販売で人気を集めた「ローズウッドデイドリーム 4アイズ」
Image by: FASHIONSNAP

 「アールエムケー(RMK)」の2021年フォールコレクションが、新客を掴み人気だ。クリエイティブディレクターに就任した、ニューヨークを拠点とするメーキャップアーティスト YUKIが作り出すコレクションは、これまでになかった“生っぽさ”が加わり、発売前からSNSなどで話題を集めていた。7月21日からRMK公式オンラインショップ、RMK AOYAMA、伊勢丹新宿店、阪急うめだ本店で先行販売し、「予想を上回る反響を得ている」と百貨店バイヤーも語る。

RMKクリエイティブディレクター YUKI

新ディレクターを深堀り!
RMK新ディレクター YUKIのビューティの根元は?秋コレのおすすめアイテムも

— ADの後に記事が続きます —

 売上トップ5のうち4つは、コレクションの世界観が色濃く表現されている「ローズウッドデイドリーム 4アイズ」の4種が占めた。一番人気は「02 ラスティックローズ」で、「質感の異なるアイシャドウがセットされているところが良い、4色全て使いやすいと好評」(ブランド担当者)と話す。そのほか、マスク生活が続く中でもリップスティックやチークなども好評で、先行販売店では予約枠をオーバーしているという。

 これまでの「RMK」が持つクリーン、上品、可愛らしい雰囲気をベースにしつつも、ストリートカルチャーをバックグラウンドに持つYUKIクリエイティブディレクターが発進する“生っぽさ”のあるコレクションに、顧客のみならず、これまでRMKとの接点がなかった新たな層も獲得。若年層からより大人の女性まで幅広い層に響いているようだ。

RMK 全アイテムを紹介
秋の陽光をローズウッドやアンバーで表現、質感レイヤーを楽しむアイシャドウパレット発売

 また、その秋コレクションのニュアンスが伝わるビジュアルも新鮮だ。YUKIクリエイティブディレクターが、グローバルに活躍する女優の忽那汐里に施した、“甘いだけでない凛とした”2つのルックを、「VOGUE JAPAN」ウェブサイトで公開。アメリカのサウスウエストの自然からインスピレーションを得たコレクションを使用したルックで、新たなRMKの魅力が発信されている。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング