Image by: スターバックス コーヒー ジャパン

Lifestyle

スターバックスが日本上陸以来初のドレスコード改訂、髪色やデニム着用が自由に

Image by スターバックス コーヒー ジャパン
Image by: スターバックス コーヒー ジャパン

 スターバックス コーヒー ジャパンが、1996年の日本上陸以来初めてドレスコードを改訂する。日本1号店の銀座店が開店して25周年を迎える8月2日から全国の店舗従業員のドレスコードが変更。髪や服装の色の選択肢が増えるほか、デニムや一部の帽子の着用も可能となる。

— ADの後に記事が続きます —

 新しいドレスコードは、「人種、年齢、性別などあらゆる違いを認め合い、お互いの自分らしさを尊重するために」といったスターバックスの思いを込めて改訂。清潔感を保ちながらも日常の自分を表現し、自然な振る舞いでの接客ができるように店舗でのトライアルを経て、従業員と来店客の双方の意見を参考にしながら完成させた。トップス、帽子、ボトムス、靴は現在の着用色の黒・白・ベージュ(ボトムスと靴は白のみNG)に加え、グレー・ネイビー・ブラウンが追加。髪、ネクタイ、靴下は色の制限を設けず、帽子はキャップとハンチング、ツバ5cm以内のハットが着用可能となる。

スタバ マイストアパスポート 都道府県

関連記事
スタバのマイストアパスポートに「都道府県メダル」が登場、店舗利用でメダルを付与

■スターバックス コーヒー ジャパン:公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング