イメージヴィジュアル
イメージヴィジュアル
Image by: スターバックス コーヒー ジャパン

Lifestyle

スターバックス リザーブ ロースタリー 東京が2周年、アーティストとのコラボグッズ発売

イメージヴィジュアル Image by スターバックス コーヒー ジャパン
イメージヴィジュアル
Image by: スターバックス コーヒー ジャパン

 スターバックス コーヒー ジャパンが「スターバックス リザーブ®  ロースタリー 東京」のオープン2周年を記念して、ダンクウェル(Dunkwell)がデザインしたオリジナルグッズを発売した。同店およびスターバックスの公式オンラインストアで取り扱っている。

関連記事
唯一無二のコーヒー体験が味わえる国内初の「スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京」をレポート

— ADの後に記事が続きます —

 ダンクウェルは東京都出身のアーティスト。デジタルサイネージや広告などで多用されるカタカナ文字を、ストリートの表現に転用した作品を発表している。昨年11月には六本木のノンアルコールバー「0%」によるノンアルコールワインのボトルデザインを手掛けた。

 コラボでは、ダンクウェルが「ソーシャルディスタンスを気にせず、それぞれの人がカフェタイムを楽しめる時間が1日でも早く戻って欲しい」という想いを込めてアート作品を制作。作品をベースにしたオリジナルデザインのステンレスタンブラー(4200円)、マグカップ(3000円)、トートバッグ(3800円)、ふろしき(2000円)などが揃う。店舗限定でオリジナルTシャツ(全2色、各6000円)を販売するほか、コラボで制作したアート作品(5万円/いずれも税別)の注文を4月13日までの期間受け付けている。

スターバックス コーヒー 西東京新町店

関連記事
木造店舗のスタバが東京・武蔵境にオープン、庭には樹齢300年のクスノキ

■スターバックス:公式オンラインストア

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング