Fashion

榎本実穂が手掛けるリヴィントーンがデビュー、ラフな要素と女性らしさを両立した新しいデニムパンツを提案

 榎本実穂が手掛ける新ブランド「リヴィントーン(LIVINGTONE)」がデビューした。「ドレスとしてのデニムトラウザー」をコンセプトに、着用することでカジュアルダウンではなくカジュアルアップする現代的なデニムパンツを展開。8月上旬からエストネーション(ESTNATION)やステュディオス(STUDIOUS)など都内のセレクトショップを中心に取り扱われている。

— ADの後に記事が続きます —

 デザイナーの榎本は、大手セレクトショップのバイヤーを経て、2014年にファッションブランドを設立。クリエイティブディレクターを務めた後、2020年に独立しリヴィントーンとユニセックスブランド「ミオズモーキー(MIOSMOKEY)」を立ち上げた。

MIOSMOKEY 2021年秋冬のルック

関連記事
榎本実穂による新ブランド「ミオズモーキー」デビュー ダーリンとシェアするクローゼット

 リヴィントーンは、榎本のヴィンテージデニムへのこだわりから始まったブランド。一般的なデニムパンツとは異なるダーツやタックなどのディテールを取り入れ、頑丈で地厚なデニム生地を素材に採用。女性らしさとヴィンテージデニムのラフな要素が両立した新しいデニムパンツを提案する。

 なお、8月18日から9月1日までエストネーション六本木店では、榎本が同じく2021年秋冬シーズンからディレクターを務める「ミオズモーキー(MIOSMOKEY)」と共にポップアップを開催。10月にはステュディオスでリヴィントーン単独イベントの開催を予定している。

■リヴィントーン:公式サイト

別冊Lightning Vol.180 ヴィンテージデニムの教科書
著: Lightning編集部
編集: Lightning編集部
メーカー: ヘリテージ
発売日: 2021/07/21
価格: ¥1,834(2021/08/13現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング