セリーヌ オム 2022年サマーコレクション「COSMIC CRUISER」
セリーヌ オム 2022年サマーコレクション「COSMIC CRUISER」
Image by: CELINE

Fashion注目コレクション

セリーヌ オム、90年代のバギーデニムでウルトラルーズを提案 22年サマーコレクション

セリーヌ オム 2022年サマーコレクション「COSMIC CRUISER」 Image by CELINE
セリーヌ オム 2022年サマーコレクション「COSMIC CRUISER」
Image by: CELINE

 モーターサーキットからシャンボール城を経て、モトクロスコースへ——エディ・スリマン(Hedi Slimane)が手掛ける「セリーヌ オム(CELINE HOMME)」の2022年サマーコレクション映像は、FMX(フリースタイルモトクロス)ライダーたちの豪快な走りで幕を開けた。パンキッシュなライダーススタイルに、ウルトラルーズなバギーデニムといった1990年代のムードと、14人のアーティストの作品を取り入れている。

セリーヌ オム

前回の舞台は古城
エディ・スリマンの涙が占う「セリーヌ オム」2021年冬のコールドウェイヴ

— ADの後に記事が続きます —

■FMXライダーはユースの象徴

 コレクションのタイトルは「COSMIC CRUISER」。今シーズンもセリーヌは、約15分の映像で新作を発表した。南フランスの島に設置したブランドロゴ入りのFMXコースが舞台となり、サウンドトラックは新進気鋭のアーティスト、イジー・カミナ(IZZY CAMINA)を起用している。

 Eボーイに着目した2シーズン前のコレクション「THE DANCING KID」ではブラック塗装のレーシングカーがプロモーションを飾ったが、今回登場したのは同じくセリーヌ仕様に塗装されたモトクロスバイク。FMXは、エディが2011年からライダー達のドキュメンタリーを撮影しているというつながりがある。彼らのエクストリームなフリースタイルが、コレクションの核となるYOUTH / ENERGY / SKATER / NEO RAVE / NEO PSYCHEDELICを象徴しているという。

セリーヌがユースに着目
Eボーイこそが現代のユース像 「セリーヌ」21年スプリングメンズはTikTokカルチャーに着想

■ウルトラルーズなエレファントジーンズ

 コレクションで目立ったのはレザーとデニム。1990年代のバギーパンツからインスパイアされたという「エレファントジーンズ」は、XXXLサイズのウルトラルーズなシルエットが特徴だ。スパングルが輝くトップスやサイケデリックなプリント、新作サングラス「セリーヌ バグ サングラス」なども、1990年代のレイブカルチャーを連想させる。

 レザーアイテムも豊富で、ジーンズとは対照的にレザーパンツは細身。スクエアシルエットのライダースジャケットにはパンキッシュな装飾を施した。ダメージジーンズにチュールスカートを重ねたり、柄や素材を組み合わせたり、先シーズンから続くスーパーレイヤードスタイルが異なるカルチャーをミックスしている。足元のポイントはカウボーイブーツ。さらに、14人のアーティストそれぞれのモチーフが、プリントや刺繍、スタッズ、パッチなど随所に散りばめられ、ユニークなアクセントを加えた。

CELINE HOMME 2022年サマー

コレクションルックを見る
CELINE HOMME 2022年サマーコレクション

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング