サマンサタバサジャパンリミテッドの公式サイトより
サマンサタバサジャパンリミテッドの公式サイトより

Business

サマンサタバサ、ハワイの子会社が解散 業績の回復困難と判断

サマンサタバサジャパンリミテッドの公式サイトより
サマンサタバサジャパンリミテッドの公式サイトより

 サマンサタバサジャパンリミテッドが、8月18日開催の取締役会で連結子会社のSAMANTHA THAVASA USA,INC.を解散することを決議したと発表した。清算完了日は2021年11月末日を予定。同社はアメリカハワイ州において店舗の運営とバッグの販売を行っている。

— ADの後に記事が続きます —

 SAMANTHA THAVASA USA,INC.は、2006年9月に設立。資本金は200万USドルで、CEOは2019年12月にサマンサタバサジャパンリミテッドの代表取締役社長に就任した門田剛が務めている。解散の理由は、世界的な新型コロナウイルス感染症拡大の影響が長引き、業績の回復が見込めない状況であり、今後も市場環境が不透明の中で業績を改善していくことが困難であると判断したためだ。SAMANTHA THAVASA USA,INC.の2021年2月期の業績は売上高が2784万円(前年は8194万円)で、営業損益は6833万円の赤字(前年は3425万円の赤字)だった。

関連記事
サマンサタバサ創業者 寺田和正氏の新会社が羽田空港に店舗出店、海外事業やスイーツ事業を強化

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング