Image by: 花王

Beauty

花王が似合う眉を提案するソフト開発 アイテムの使い方やシミュレーションもデバイスで表示

Image by 花王
Image by: 花王

 花王の化粧品事業部門ビューティリサーチ&クリエーションセンターが、顔写真を元に理想の眉を導き出し、描き方やアイテムの使い方をアドバイスするコーチングソフトを開発した。ソフトをインストールしたデバイスで撮影した顔写真を使いながらのカウンセリングのため非接触でコミュニケーションを図ることができる。まずは10月中旬から「ルナソル(LUNASOL)」の伊勢丹新宿店をはじめとした一部店舗に導入。その後は他ブランドのカウンセリングカウンターやオンラインのビューティセミナーなどで活用する予定だ。

— ADの後に記事が続きます —

 眉メイクは長さや太さ、角度などの形状、毛の密度、左右のバランスといった個人差が大きく、似合う眉とその描き方がわかりにくいという悩みが多い。同社の調査でも、メイクパーツの中で眉を描くのが難しいと回答した人がアイライナーやアイシャドウを抑えてトップだった。

 今回開発したコーチングソフトは、同社の所属メーキャップアーティストが監修。美容部員がデバイスで顧客の顔写真を撮影すると、デバイス上に眉のテンプレートが表示される。画面を見ながら長さや太さ、角度などを微調整してなりたい眉の形を見つける。似合う形だけではなく好みの形についても反映できるため、より細かくパーソナライズすることができる。また、ペンシルやリキッド、パウダー、マスカラなどを使った際の仕上がりをシミュレーションし、理想の眉を描くために最適なアイテムや使い方も紹介する。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング