Business

今治タオルがアップサイクルを本格化 クラボウの「ループラス」を活用

アップサイクルタオル Image by 今治タオル工業組合
アップサイクルタオル
Image by: 今治タオル工業組合

 今治タオル組合がクラボウと共同で、ジャパンブランド「今治タオル」の端材を再利用したタオルの製織を本格的にスタートする。これまでは一部のタオルメーカーが先行でアップサイクルに取り組んでいたが、今後は組合としてクラボウによるアップサイクルシステム「ループラス(L∞PLUS)」を活用し、資源ロス削減を目指す。

— ADの後に記事が続きます —

 ループラスとの取り組みでは、今治タオル産地で回収した端材をクラボウの安城工場に搬入し、独自の開繊・反毛技術により原子に戻した後、ループラスのシステムでアップサイクル原糸を作成。タオルメーカーはアップサイクル原糸を用いて製品を開発する。現時点ではモデル作りの段階で、各社において商品化を検討していくという。

 今治タオル工業組合は近年CSR活動に積極的に取り組んでおり、昨年度には森林保全の一環で「今治タオルと水の森」ボランティア体験活動などを行った。正岡裕志理事長はクラボウとの連携に際し「生産現場で発生する資源ロスを削減する方法を模索するもので、サステナブルにも貢献する取り組みとなります。今後も様々な取り組みを推進する中で、社会からより信頼されるタオル産地を目指します」とコメントしている。

ヤマサワプレスが所有するリーバイス「501®」のユーズドストックの一部

こちらもチェック
三越伊勢丹が東コレにブースを初出展 リーバイスのデニムアップサイクルプロジェクトの取り組みを紹介

今治タオル 奇跡の復活 起死回生のブランド戦略
著: 佐藤可士和、四国タオル工業組合
メーカー: 朝日新聞出版
発売日: 2015/04/30
価格: ¥1,200(2021/09/03現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング