「トモ コイズミ」デザイナー小泉智貴 インスタグラムより
「トモ コイズミ」デザイナー小泉智貴 インスタグラムより

Fashion

パラリンピック閉会式、トモ コイズミが舞台美術の一部を制作

「トモ コイズミ」デザイナー小泉智貴 インスタグラムより
「トモ コイズミ」デザイナー小泉智貴 インスタグラムより

 東京パラリンピックの閉会式が9月5日、国立競技場で開催された。制作・演出チームのショーディレクターには小橋賢児を起用。衣装ディレクターは相澤樹、舞台美術デザイナーは種田陽平らが務めたほか、舞台美術の一部を「トモ コイズミ(TOMO KOIZUMI)」が担当した。

小泉智貴 TOMO MOIZUMI

関連記事
【インタビュー】トモ コイズミ「得意なものを一つ手にして」 フリルドレスが紡いだ10年

— ADの後に記事が続きます —

 トモ コイズミは、7月23日に開催された東京オリンピックの開会式において、国歌独唱を披露した歌手 MISIAの衣装を担当。トモ コイズミを象徴するラッフルを使用したドレスで、カラフルなグラデーションで彩られたデザインが注目を集めた。

 トモ コイズミは閉会式中盤、東京を再現した街並みのセットの一部を制作。色鮮やかなフリルをふんだんに使用し幾層にも重ねたビルのようなセットとなっている。なお、これらの街並みのセットには、オリンピック開会式で使用された資材のリサイクル品や古い着物などが使用されているという。

関連記事
東京オリンピック開会式、MISIAが国歌独唱 ドレスは「トモ コイズミ」

東京2020パラリンピック公式プログラム
メーカー: KADOKAWA
発売日: 2021/08/06
価格: ¥2,500(2021/09/06現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング